発芽玄米の栄養素を比較

 

発芽玄米と白米ってどう違うのでしょうか?なんとなく発芽玄米の方が体に良さそう!というイメージはあると思います。

 

でも実際にどんな栄養素の違いがあるかは具体的には知らないですよね?食物繊維が多いだけでは無いのです。

 

本当に様々な栄養素が含まれていてびっくりです。効果もふくめて詳しくまとめました!


スポンサーリンク

発芽玄米が白米より優れている成分はこんなにある!

 

発芽玄米について詳しい人にとってはすでにしっている内容ではありますが、白米に比べて多く健康に役立つ栄養素を一つずつ紹介します。

 

ビタミンB1(5.1倍)

ビタミンB1は疲労回復や糖質の代謝効率をあげてくれます。さらに、神経機能を正常に保ってくれます。

ビタミンB1が不足すると、代謝が落ち、結果エネルギー不足になる可能性があります。そうすると、イライラしがちになり、肌の状態にも影響するなど美容にもよくないです。

 

ナイアシン(3.8倍)

血行促進の効果があり、粘膜や皮膚の健康維持を助けてくれます。

これも肌などの状態に直接関係しますので、美容には欠かせません。発芽玄米を食べつづければ肌のハリやツヤの向上も期待できそうですね。

ビタミンB6(3.8倍)

これも大事な成分です。成長には欠かせませんし、肝臓を正常に保つためにも必要です。

 

また、動脈硬化を防ぎ、精神の安定や、ホルモンバランスにも影響があるのです。イライラも肌に影響しますから重要な成分です。

 

ビタミンE(1.5倍)

これはデトックスに効果をもつ成分です。

効果としては抗酸化作用による老化の防止、血流にも好影響があり、糖尿病などの生活習慣病になりにくいためにも必要な成分です。

男性も女性も老化は嫌ですよね。そういう意味だけでもビタミンEは積極的にとりたいところです。

 

カリウム(2.6倍)

高血圧の予防効果や体内のミネラルバランスを維持するために必要な成分です。

血圧が上がり始めると血圧を抑える薬を一生飲み続けることになります。そうならないためにもカリウムは重要な成分です。

 

マグネシウム(4.8倍)

この成分も重要です。体の代謝に絶対に必要な成分で3食発芽玄米にするだけでも、1日に必要なマグネシウムの量はほとんど摂取できてしまうので、あとは普通におかずを食べれば安心です。

ちなみに1日の必要摂取量については、ナイアシンやビタミンB6なども1日分をほぼ摂取できる量といえます。(以上のデータは科学技術庁資源調査会《五訂日本食品標準成分表》を参考。)

このように有名どころの栄養素だけでも、発芽玄米を食べる価値は大いにありますが、この他にもまだまだ注目すべき成分はあります。

 

GABA〈ガンマーアミノ酪酸〉 (10倍)

これはすごいですね。10倍です。

GABAは高血圧やストレス軽減に好影響な成分です。健康診断の数値で血圧が気になる人には注目の成分です。

 

毎日摂取すれば、健康診断の数値に変化が現れるかもしれませんよ。

あと、疲れやすい人にもGABAは重要な成分です。GABA入りチョコレートなんかが有名ですよね。

 

γ-オリザノール(7倍)

これもデトックス効果が期待できる成分です。

皮膚の老化、血液循環に好影響なだけでなく、更年期障害にも効果的で、最近の研究では糖尿病にも関係する血糖値の低下に繋がる機能にも注目されています。

この糖尿病予防に関する研究成果は世界的に権威のある学術誌であるフォーブス誌でも発表されています。

 

IP6〈フィチン酸〉 (5倍)

これまたデトックス効果が期待できます。

注目は抗ガン作用で、ガン細胞をこの成分が体内でとりこんで、排出してくれるといわれています。

 

これはまだ期待止まりですが、体に悪影響を及ぼす鉛や水銀などの重金属を排出してくれるキレート作用もあり、注目すべき物質の1つです。

(以上、ファンケル研究所の数値を参考)

 

これまで、お話しただけでも体に良い成分のオンパレードでしょう。

特に美容やデトックスには発芽玄米が欠かせないことがよくお分かりになったことと思います。

じつはもう1つ見逃してはいけない成分があります。それは食物繊維です。

腸内環境に超重要!発芽玄米ならコンスタントに食物繊維がとれる!

 

食物繊維も無視できない存在です。発芽玄米なら、水溶性食物繊維が100g当たり0.7g摂取でき、不溶性食物繊維は100g当たり3.0g摂取できます。

白米では水溶性食物繊維はほとんど含まれておらず、不溶性食物繊維は発芽玄米が4倍多くとることができます。

食物繊維は腸内環境の正常化に役立ちますので、普段より定期的に摂取できるのはあなたの腸の健康を保つのに役立ってくれるはずです。

 

腸は第2の脳と言われるように、神経系の機能が集まっているので、便秘などは神経にも悪影響なんですよ。

そういう意味でも腸内環境を整える発芽玄米は食生活の基礎としたいものです。

まとめ 効果を実感して、発芽玄米生活に張りをもつ!

 

発芽玄米の栄養素を比較2

スポンサーリンク

 

これまで、白米に比較して発芽玄米で多く摂取できる成分とその期待できる効果について長々とお伝えしてきました。お付き合いいただきありがとうございました。

もう、これでもかと言うぐらいに重要な成分が並んでいたことと思います。

 

はっきり言って、これでも発芽玄米に興味がもてないなら、もうきっぱりと発芽玄米ライフは諦めることです。

まあ、これを読んでいただいているあなたはそうではないことを期待していますが…。

 

発芽玄米の効果としては血液に関する数値や肌の状態がわかりやすく、ストレスの軽減などはちょっと分かりにくいかもしれません。

ただ、続けていくうちに便秘が軽くなったり、化粧のノリがよくなったり実感できることは増えていくことでしょうし、最近なんかイライラしにくくなったという実感もでてくるかもしれません。

 

速効性は正直ないので、そうなっていることを信じて、続けていただくのが継続のコツです。

とにかくあせらず、おいしい発芽玄米ライフを楽しみながら続けていけば、発芽玄米はあなたの健康に役立ってくれるはずです。

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク