血糖値が高い原因

 

「普通の生活をしているだけなのに、血糖値が高い原因はなんなんだろう」と思いますよね。

 

私の母も血糖値が高いと診断された時、人と同じ生活をしているのになぜ血糖値が高くなってしまうんだろうと言っていました。

 

血糖値が高い原因は主に生活習慣にあると言われます。

しかし、自分の生活の中でどんなことをしたら血糖値が高い原因になるのか、分からなければ改善のしようもありませんよね。

 

普段と同じ生活をしているだけなのに血糖値が高いと言われてしまった方は、ぜひ一緒に普通の生活で血糖値が高くなる原因を探してみましょう。

血糖値が高くなる原因は、体の中に糖分が余るから

 

血糖値が高い原因2

 

血糖値が高いと診断されてしまうのは、糖がうまく体のエネルギーに変わらずに余ってしまうのが原因です。食べ物から糖が摂取されると、糖の中のブドウ糖を細胞や筋肉に取り込むためのインスリンが分泌されます。

 

血糖値が高い原因は、2つあると考えられます。まず1つ目はインスリンの量が少ないもしくは働きが悪い場合です。遺伝などでインスリンの量が少なくて糖尿病になるケースは、年齢が若いうちから血糖値が高いと診断を受けるのが一般的です。

 

血糖値が高い原因の2つ目は、生活習慣によるもので細胞などに取り込める以上の糖を摂取している場合です。血糖値が高いと診断される多くの場合は、糖の摂取量が多いことが原因だと言われています。

 

血糖値が高いけど、「甘い物は食べていないから大丈夫」は注意!

 

「糖」という字を見ると、ついケーキやチョコレートなどの甘い食べ物を想像してしまいますよね。

 

「甘い物はそんなに食べないし、血糖値が高いけど大丈夫だろう」と思っている人はちょっと待ってください。糖が含まれる食材というのは、砂糖だけではないんです。

 

血糖値が高い原因である食材の糖は、ケーキの原料の砂糖や果物以外に、炭水化物にも多く含まれています。炭水化物とは、お米やうどん、ラーメンなどの麺類などのことを言います。

 

血糖値が高いと診断されている人は、普段の食事で食べるお米や小麦粉製品の量が原因となっている場合も少なくありません。おやつを食べていないからというだけではなく、食事でこれらの炭水化物を多く食べていないか、チェックしてみてください。

 

血糖値が高い人は注意したい「普段の食事」

 

朝は会社の近くでハンバーガー、お昼ご飯はいつもの定食屋でご飯の大盛り。何時間も続く会議の後には缶コーヒー、残業終わりに帰宅後のご飯やカップラーメンとお疲れ様のビール。何気ないサラリーマンの生活ですが、これらには高血糖になる原因がいくつもあります。

 

まずパンやご飯、ラーメンには血糖値が高い原因となる糖が多く含まれています。人間が1日に摂取するべき炭水化物の量は、1日の摂取カロリーの約50~60%と言われています。1日の摂取カロリーの目安は、通勤時間に歩いたり、会社で歩いて移動をする程度の活動量で18~69歳の男性で2200キロカロリー程度です。

 

2200キロカロリーのうち約半分は、1100キロカロリーになります。炭水化物は1グラムで4キロカロリーですから、1日に摂取して炭水化物は約300グラムとなります。お茶碗1杯の糖質は55グラム程度ですから、1日で食べられるお茶碗5杯分になります。

(参考元:厚生労働省「食事バランスガイド」より算出 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/pdf/eiyou-syokuji2.pdf)

 

結構食べられるなと思った方もいると思いますが、実際の食事には主食だけではありません。いもやかぼちゃなどの野菜類、仕事の合間に食べるお菓子、砂糖入りの缶コーヒーなど様々なもので糖質をとる機会はたくさんあります。

 

血糖値が高い人は運動不足や寝る直前の食事にも注意

 

また普段の仕事であまり外出しない人は運動不足が血糖値の高い原因にもなります。特に後輩や部下ができると自分の席を立つよりも、相手が来てくれることの方が多くなりますよね。長い会議などに出席しなければいけないときも多く、座っている時間が長くなっていませんか?

 

私も新人の頃はコピーや雑務があったり、先輩にわからないことを聞きに行ったりすることが多かったですが、中堅になってくると後輩が席まで来てくれることが多く、席をあまり動かなかった経験があります。

 

普段の生活でも体を動かしている時間が少なくなってしまうと、エネルギーが消費されにくくなります。そのため食事でとった糖が使われなくなり、血糖値が高い状態になってしまいます。

 

また残業などで帰りが遅くなってから夕食をとる人は、食べてからすぐ寝ると、糖質が体のエネルギーにならず糖が余った状態になり、高血糖になる原因になります。

スポンサーリンク

 

血糖値が高い人で普段の生活で運動量が少ないと思う場合は、エレベーターではなく階段を使う頻度を増やしてみてください。また残業などで帰りが遅くなりそうな日は、早めに軽い食事をして、寝る直前に満腹にならない工夫をしてみてはどうでしょうか。

 

まとめ

 

  1. 血糖値が高い原因は糖がエネルギーとして使われないから
  2. 糖はケーキなどのおやつだけではなく、主食である米や麺にも多く含まれる
  3. 血糖値が高くなるのは座り仕事や夜遅くの食事も原因

 

普段、何気なく生活をしていると知らず知らずのうちに習慣化していることがたくさんあります。

 

昼食の大盛りご飯や食後のコーヒー、残業後の食事など1つ1つのことはなんでもないことですが、あなたの生活の中でも毎日の積み重ねによって、血糖値を高くしている原因があるかもしれません。

 

もし自分が日頃取っている食事の量がわからない場合には、1日だけでも食べた量を書き出してみると、普段どのくらいの食事をしているのかわかると思います。

 

血糖値が高いと診断された方は、これを機会に普段の生活をもう1度見直してみると、自分の意外な生活習慣がわかるかもしれませんね。

 

関連記事

血糖値とGIの深い関係は食物繊維!食事のポイントとは?



 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク