血糖値を下げる飲み物

 

皆さんは普段どんな飲み物を愛飲していますか?

人間の体はほとんどが水分でできています。

ですから、毎日の飲み物が体に及ぼす影響も大きいものです。

 

もし、飲み物の良し悪しがこれからの血糖値を左右するとしたら…?

今日からでも「血糖値を下げる飲み物」を試してみたいですよね。

血糖値に良いおすすめの飲み物ベスト3をお伝えしていきます!

血糖値に良いおすすめの飲み物ベスト3

 

美味しく飲んで血糖値が下げられるなんて嬉しいですよね?

より、効率よく飲みやすい方法をご紹介します!

 

プーアル茶

 

 

血糖値を下げる飲み物2

 

中国ではプーアル茶が昔から糖尿病に効果があると言い伝えられてきました。

日本でも、お茶売り場やペットボトルのお茶に含まれているのを目にしますよね。

 

プーアル茶がなぜ血糖値を下げる効果があるのかという明確な理由は、まだ現在は解明されていません。

しかし、茶葉に含まれる「ポリフェノール」と「サポニン」という成分が関係あると予想されています。

 

・ポリフェノールの働き

ポリフェノールは活性酸素を除去する効果があり、血液中の余分な成分を排出してくれます。

活性酸素は血管が硬化し血管が詰まる原因になるものですが、ポリフェノールを摂取することで活性酸素を無効化することが出来ます。

その結果、血液がサラサラになります。

プーアル茶にはこのポリフェノールがたっぷり含まれています。

 

・サポニンの働き

サポニンは「えぐみ」の元となる成分ですが、血糖値に良い影響を与える成分です。

血流改善効果、抗酸化作用(悪玉コレステロール値の低下)、血中の中性脂肪を排出する働きがあります。

食前にサポニンを摂取すると食後の血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。

 

また、プーアル茶に含まれる多糖類は膵臓のβ細胞を守りインシュリンの分泌を助けます。糖をスムーズに代謝する働きがあることで血糖値の急上昇を予防する効果があります。

 

プーアル茶は他にも、デトックス効果やむくみの改善、アンチエイジングなど体に嬉しい要素がもりだくさんです。

茶葉からちゃんと淹れるのは敷居が高いという方は、ティーバッグや粉末タイプのものもあります。

ぜひマイボトルにいれて持ち歩いてみてはいかがでしょうか?

 

トマトジュース

 

 

血糖値を下げる飲み物3

 

野菜ジュースの中でもポピュラーなトマトジュース。

最近は様々な種類のトマトジュースが店頭に並んでいます。

トマトジュースはどんな成分が血糖値に良いのでしょうか?

 

・トマトに含まれるリコピンに注目

リコピンはトマトの赤い色の成分。

リコピンにはインスリンの機能を高める効果があるとされています。

インスリンの機能を高めれば、血糖値を下がる効果が期待できます。

 

読んでいる方の中には「リコピンに効果があるなら、トマトそのものを食べたほうが効果的なのでは?」と思う方がいるかもしれません。

しかし、リコピンはトマトとしてそのまま食べるより、トマトジュースにして飲んだほうがリコピンが効果的に摂取できるのです。

 

その理由はトマトジュースにすることでトマトの細胞が破壊されるから。

ジュースにすることで、細胞に閉じ込められていたリコピンを効率よくたくさん摂取できるのです。

 

・より効率を高める飲み方

(1)温めて飲む

トマトジュースを温めて飲むことで胃を温めることができ、吸収率を高めることができます。

 

(2)オリーブオイルを加える

リコピンは油に溶けやすい性質があります。

ティースプーン一杯くらいのオリーブオイルを入れるとリコピンがオリーブオイルに溶け、吸収しやすくなります。

 

この2点をふまえ、トマト煮込みやトマトスープを作る時などトマト料理の時にジュースを活用してみるのもいいですね。

 

最後の3つ目は、飲み物のなかではとても人気のあるものです。

次をご覧ください。

 

コーヒー

 

 

血糖値を下げる飲み物4

 

コーヒーというとカフェインの刺激があり、あまり体にいいイメージがないし意外に思われるかもしれませんね。

しかし、2000年以降の研究ではコーヒーが糖尿病の予防に繋がるという結果が世界各地から報告されました。

 

・コーヒーと糖尿病の関連

 

大規模な調査を行い初めてこの報告をしたのはオランダのバン・ダン博士。

1万7000人の男女を対象に、平均で約7年間にわたって追跡調査しました。

その結果「1日に7杯以上コーヒーを飲む人は、2杯以下の人に比べて、2型糖尿病のリスクが2分の1になる」という結論が出ました。

スポンサーリンク

その後、スウェーデン、フィンランド、アメリカそして日本でも次々に報告されました。

 

血糖値を下げる要因はコーヒーに含まれているカフェインです。

カフェインにはPGC1aという物質を増やす働きがあります。

PGC1aには、血糖値を下げる働きがあります。正確には「血糖値を下げる働きをするミトコンドリアを活発にする働き」となっています。

・カフェインには血糖値を上げる働きも?!

 

困ったことに、カフェインには飲み方によっては血糖値を上げてしまう働きもあります。

カフェインはアドレナリンを増やす働きがあるのですが、このアドレナリンがインスリンの分泌を抑制してしまいます。

インスリンが分泌されるタイミングでコーヒーを飲んでしまうと、血糖値が上がってしまう可能性があるのです。

 

これを防ぐには、コーヒーを飲むタイミングに気をつける必要があります。

インスリンの分泌が活発でない食前などにコーヒーを飲むのが良いでしょう。

 

ただ、空腹時に飲むのは胃が荒れやすくなります。

胃の疾患を併発している方をはじめ、そうでない方も空腹時のコーヒーには気をつけてください。

 

なお、これらの研究結果は糖尿病に罹患していない人が対象です。

すでに糖尿病を罹患している人は飲み方や飲むタイミングに気をつける必要があります。

個人個人の合併症や薬の問題もありますので、コーヒーについては医師に相談してください。

参照:https://pdfs.semanticscholar.org/2307/7c04a468afc43441e37c3f506e8c1b22a47a.pdf

 

まとめ

 

・プーアル茶は「ポリフェノール」と「サポニン」が血糖値を下げる。

 

・トマトジュースはトマトの「リコピン」が血糖値を下げる。

温めたりオイルを加えるとより吸収効率が良くなる。

 

・コーヒーはカフェインが血糖値を下げる働きをする。

ただし、飲み方によっては胃が荒れたり、逆に血糖値を上げてしまうので注意。

また、糖尿病にすでに罹患している人は医師に要相談。

 

飲み物の選択や、飲み方に気をつけるだけで血糖値が下がる働きがあるのは驚きでしたね。

なんとなく選んでいた飲み物を意識することで、血糖値が良い方向に改善するかも!

ぜひ、気になったものを試してみてください。

 

関連記事

血糖値を下げるたった2つの習慣とは?

 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク