血糖値測定器

 

血糖値測定器での自己測定をご存知ですか?

初めて聞く方は「自己測定は大掛かりで面倒そう」「そもそもどうやるのかわからない…」など疑問や不安を感じるかもしれません。

 

そんな不安や疑問を解決するためにも、糖尿病の治療に役立つこの機器のことをぜひ知っておきましょう。

血糖値測定器とは?

 

血糖値測定器とは、患者が血糖値を自己測定できる機器です。

血糖値降下剤を使用している人や妊娠している人が使用対象者です。

 

血糖自己測定とは?

なぜ病院で測定する以外に血糖値自己測定を行うのかというと、自宅で日常生活を送る中での血糖値の変化を見るためです。

自己測定を行うことで、体調の悪い時や低血糖の対応の大事な指標となり、治療に役立ちます。

 

では、具体的に機械はどのように使うのでしょう?

次を見てみましょう。

 

血糖値測定器の使い方

 

実際の血糖値測定器の使い方の一例を見ていきましょう。

 

※テルモの血糖値測定器「メディセーフフィット」の例

 

血糖値測定器2

参照:http://mds.terumo.co.jp/guideline/pdf/tora_mds_2011.pdf

 

使用する前には、手をよく洗い穿刺する箇所を消毒してから行います。

穿刺すれば数秒程度で結果が出ますので、その結果を記録します。

使用した針は繰り返し使わずに使い捨てです。

 

「自己測定って色々面倒なことしなければいけないのかな?」と思っていた方もいるかも知れませんが、機器を穿刺して数秒で終わるので意外と簡単ですよね。

 

結果はどのように活用するの?

結果はノートなどに記録しておきますが、数値だけでなく以下の内容も併記しておくと治療の参考になります。

 

・測定した時間帯

・食事の時間と内容

・運動の時間と内容

 

・薬の使用状況

・体調

・低血糖の症状が出た場合は書いておく

 

こうしたことを日々記録してくことで、医師や治療スタッフと記録を振り返り治療の方針を決めていくことに役立ちます。

また自分自身の体調を客観的に把握するのにも役立ちますよね。

 

便利ではありますが、こういった一般的な血糖値測定器は

 

「手が不自由で採血が難しい」

「痛みがあるのが嫌」

「人のいるところで測定しずらい」

 

などといった悩みを抱える人もいるかもしれません。

 

しかし、現在ではそんな悩みを解消するような新しい機器も出ているようです。

詳しくは次をご覧下さい。

 

最新の測定器ってどんなもの?

 

血糖値測定器はさまざまな種類がありますが、最新の機器はどんなものがあるのかを見ていきましょう。

 

痛くない測定器

 

新しい機器の中には、針を指に指す必要がない測定器も。

アボット ジャパン株式会社/米国アボット・ラボラトリーズ社「FreeStyleリブレ」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フリースタイルリブレ【専用センサー】Abbott FreeStyleリブレセンサー
価格:7344円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)

 

 

こちらは丸いパッチ型の電極を腕などに貼り付けて検査するようです。

シャワーや入浴時など水に濡れていても使用可で便利。

 

株式会社E3「KETTO」

血糖値測定器3

スポンサーリンク

 

参照:https://plusstyle.jp/planning/item?id=7

2018年8月時点では、こちらは開発段階のようです。

クリップを指に挟むことで計測ができるものです。

 

データをデジタル管理できる時代

最近の計測機器は、データをパソコンやスマホなどでデジタル化して管理できるものが増えてきたようです。

Bluetooth付きの機器でしたら無線でスマホと機器の通信ができ、データのやり取りも簡単にできるようです。

スマホアプリと連携しデータをクラウドに保存できるサービスも。

 

血糖値測定器4

 

参照:https://cloud.e-smbg.net/index.aspx

 

こうして技術の進化を享受できるのは糖尿病患者にとって心強いですよね。

より便利になるのでしたら、こういった機能も積極的に取り入れていきたいですね。

 

まとめ

 

 

血糖値測定器5

 

・血糖値測定器とは患者が血糖値を自己測定できる機器のこと。

日常生活の中での血糖値の変化を調べることが目的。

 

・使用方法は、手をよく洗い消毒し穿刺すると数秒で結果が出る。

・測定結果は時間帯や食事・運動の時間と内容・体調なども併記して記録。

・針を使わない測定器やデータをスマホやクラウド管理できるサービスもある。

 

血糖値測定器の自己測定についてはこのような内容でした。

何も知らない頃は敷居が高く思えるかもしれませんが、便利で使いやすい機器やキットがありますから意外に簡単に測定できてしまいます。

 

今後より便利で使いやすいものが手に取りやすくなれば、糖尿病患者自身も家族も安心して治療ができますよね。

医療や科学技術の進歩にこれからも期待しましょう!

 

関連記事

血糖値測定器の正しい使い方とは?

 



 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク