糖尿病の初期症状を自己チェックしてみよう【目編】

血糖値が高いと言われたら、定期的に糖尿病になっていないか、気にかける必要があります。

 

糖尿病は、初期の段階ではほとんど自覚症状が出ないと言われています。

 

私の職場でも、「元気だから大丈夫!」と豪語していた40代の飲み仲間の男性が、健康診断で血糖値が高いと診断されて、糖尿病になってしまうのか、かなり心配していました。

 

血糖値が高い、糖尿病予備軍と言われた人は、いつも自分の体調に注意していかなければいけません。

 

血糖値が高くても、すぐに糖尿病になるわけではありませんが、自覚症状がないだけに、なんかおかしいな?と思った時には、病気が進行していたということが少なくないので、気をつけることに越したことはありません。

 

糖尿病は、腎臓や神経などの合併症が怖いと言われています。今回は、糖尿病の三大合併症にも挙げられる、糖尿病を疑うべき目の初期症状について、詳しく解説します。

 

ご自身の目にも、同じような症状が出ていないか、チェックしながら読んでみてください。

あなたの目、こんな症状は出ていませんか?

 

まずは、糖尿病の合併症の1つ、糖尿病網膜症の前兆ともなる症状を見て行きましょう。

 

<糖尿病を疑うべき目の症状>

・目がかすむ

・明暗がわかりにくい

・視界に虫が飛んでいるように見える(飛蚊症)

・急に視力が低下した、コンタクトやメガネをしているのに視力が出ない

 

いかがでしょうか。

 

現代人はスマホやパソコンを長時間見るなど、目を酷使する環境で生きています。

ちょっとした目の不調であれば、疲れが原因と思ってしまい、症状が出ても、見逃しやすいのではないでしょうか。

 

実は、日本人の失明する原因は、糖尿病網膜症と緑内障が最も多いと言われてます。

糖尿病の患者さんは2000万人とも言われ、失明する人は40%にもなる原因が糖尿病網膜症です。

(参考元:東海光学株式会社 http://www.eyelifemegane.jp/v2/sick_diabetic_retinopathy.php)

 

糖尿病網膜症も、緑内障も、網膜という目の器官に出る病気です。

 

私たちが物を見れているのは、目の中にある網膜が、光を感じることができているからです。網膜は、カメラでいうフィルムのような働きをしており、感じた光をもとに、視覚情報として認識し、目が見れる状態になります。

 

これらの機能が低下する網膜症は、ほとんど自覚症状がなく、気がついたら失明する寸前だった!ということも珍しくありません。

 

気が付いたときには、すでに重症も!網膜症の症状

 

糖尿病の初期症状を自己チェックしてみよう【目編】2

糖尿病網膜症は、その進行度合いによって3段階に分かれます。

具体的には、単純網膜症、前増殖網膜症、増殖網膜症です。

 

血管は、細胞や神経に必要な栄養や酸素を運んでいます。

糖尿病は、血糖値が高いことで血管や神経がダメージを受けます。

 

糖尿病によって目の血管が損傷を受けると、目の血管はつまりや変形を起こします。これにより、血管が出血を起こし、網膜症の症状が進んで行くのです。

 

初期の単純網膜症では、網膜の細い血管が軽い出血を起こしたり、血液が血管に滞留し始めます。中期の前増殖網膜症では、さらに症状は進み血管が変に拡張していたり、つまりが発生してきます。

この2つの段階では、自覚症状がほとんどないため、自己判断ではすでに症状が進行している場合があります。

 

網膜症の自覚症状では、増殖網膜症でようやく軽度の視力低下が出始め、おかしいなと思ったときには、緊急に治療が必要な場合も少なくありません。

 

糖尿病がもたらす重度の網膜症

 

重度の網膜症である、増殖網膜症では、血管のつまりで失われた機能を補うために、新たに作られる血管が悪さをすることで発症します。

 

目は血液不足になると、物を見る機能を守るために、新たに血管を作り、酸素や栄養を補おうとします。この新しい血管を新生血管と言います。

 

字を見てもイメージできる通り、新生血管は赤ちゃんの状態です。なので、とても細く、脆いのです。そこに血糖値が高い状態が続くと、繊細な血管さえもつまりだし、変形することで出血します。

この網膜内の出血が原因で、網膜剥離もおきやすくなります。

網膜剥離とは、よくボクサーに起きやすい目の病気と言われますが、糖尿病でも同じことが起こりえます。

 

ボクシングの場合は、目の周りに強い衝撃が走ることで、層状になっている網膜が剥がれてしまいます。

(参考元:医療法人社団海仁 http://www.kaiya-eyes.com/disease/retinal-detachment/)

 

糖尿病の場合も同じで、新生血管が破れてしまうことで、網膜も剥がれ落ちてしまうのです。

 

放っておくと、網膜剥離は失明の原因にもなりますので、非常に危険な状態なのです。

 

網膜剥離を起こしている場合、目の中に蚊や虫が飛んで見える飛蚊症を発症したり、光が目の中でチカチカして見えたり、視野が一部欠けたりしてきます。

 

私の父は、長年緑内障を患っており通院を定期的にしていますが、視野が一部欠けた状態です。

しかし、その状態でも、車の運転など日常の生活はできてしまいます。

スポンサーリンク

 

目は2つの眼球で見たものを映像化しているので、片方の視野が欠けたとしても、もう片方の目が視覚を補正してしまうのです。

 

とても便利な機能ですが、病気の発見という視点では、網膜症や網膜剥離が進んでいても気がつかない場合があります。

 

糖尿病網膜症の失明については、こちらの動画でも医師の方が実情を解説されていますので、参考にされて下さい。

 

 

 

目の自己チェックを行うときは、必ず片方ずつ視野や見え方に変化がないか、などを確認する必要があります。

 

糖尿病の網膜症は、糖尿病発症から数年から10年という長い期間をかけて、じわじわと症状が出始めます。

 

そのため、糖尿病と診断された場合は、常に目の検査を定期的に受けている必要があります。また、適切な血糖値のコントロールがされていれば、進行が遅くなるので、食事内容の改善などを常に心がけることで、失明を避けることができます。

 

まとめ

 

  1. 糖尿病を疑うべき初期症状は、①目がかすむ、②明暗が区別しずらい、③飛蚊症、④視力低下
  2. 糖尿病の合併症である網膜症は初期や中期の段階では、自覚症状はほとんどない
  3. 重度の網膜症では、網膜剥離による飛蚊症、光の認識異常、視野の欠損がある
  4. 重度の網膜症を放置すると、失明の危険性がある

 

糖尿病の初期症状で発生する目の症状について、お伝えしました。

 

目の症状は、ほとんど自覚症状がないため、糖尿病予備軍や血糖値が高い方は、少しでも気になることがあったら、病院で検査をした方が良いでしょう。

 

コンタクトやメガネをしている人であれば、定期的に視力をチェックするなど、病院に行く習慣があると、早期の発見がしやすくなります。

 

目は失明してしまうと、光を取り戻せなくなってしまうことが多いので、日頃の習慣を少しずつ変える事で、いまの生活を維持できることを考えてみましょう。

 

健康診断を待たなくても自宅で簡単に検査できますよ!

 

関連記事

糖尿病の初期症状を自己チェックしてみよう【皮膚編】



 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク