食後の血糖値の正常値とは?

 

皆さんは食後の血糖値を意識したことはありますか?

毎日当たり前のようにごはんを食べていますが、食事をすると血糖値は変化します。

 

実は空腹時の血糖値と同様に、食後の血糖値もとても大切。

そして怖いことに、食後血糖値の検査でしかわからないこともあるんです。

食後の血糖値の正常値はどれくらいか、ぜひこの機会に知っておきましょう。

食後血糖値の正常値は?

 

食後血糖値って?

通常の健康診断では血糖値の測定は空腹時に行いますが、食後に測る血糖値を「食後血糖値」といいます。

下の図は血糖値の1日の変化です。

 

食後の血糖値の正常値とは?1

参照:https://www.med.or.jp/forest/health/eat/m08_02.html

 

グラフの動きからもわかるように、食事によって血糖値が上がり食後1時間でピークに達します。

そこから徐々に下降して、2時間後くらいには元の値に戻るというのが大まかな動きになります。

 

食後血糖値の正常値

下の図は、食後血糖値の正常値です。

(単位はmg/dL)

血糖値の正常値の範囲の値とは?2

 

140mg/Dl以上で境界型(糖尿病予備軍)、200mg/Dl以上で糖尿病型となります。

食後高血糖の人は、通常の検査で糖尿病または予備軍と診断された人以外に、空腹時血糖値の検査だけではわからない「かくれ糖尿病」の人もいます。

 

隠れ糖尿病とは?

かくれ糖尿病の人は空腹時では正常値なのですが、食後に高血糖になるタイプの人です。

原因は肥満や運動不足といった生活習慣、遺伝によるもの。

 

下のグラフをご覧ください。

 

赤:糖尿病の人

青:糖尿病予備軍(かくれ糖尿病)の人

緑:通常

 

食後の血糖値の正常値とは?2

参照:http://www.bloodsugarbattles.com/normal-blood-sugar-levels.html

 

かくれ糖尿病の人(青)の食前血糖値は正常値の人と同じくらいです。

そして食後2~3時間になると、大きく下がって正常値近くまで戻ります。

 

食後の血糖値を知らないままでいると、「実はかくれ糖尿病だった」ということ気づかず、将来症状が重くなってから気づくということにもなりかねません。

 

また、食後の血糖値が高いと体への悪影響や様々なリスクが高くなります。

具体的にはどんな内容なのか、次をご覧ください。

 

食後血糖値が高いとどうなる?

 

食後高血糖のリスク

食後の血糖値が高いと、将来のあなたの健康を脅かすリスクが高まります。

 

・糖尿病でない人は、将来糖尿病になる可能性が高くなる

・網膜症、がん、心疾患などを発症する可能性

 

また、病気の発症以外に日常生活でも食後の体調に悪影響があります。

 

・強い空腹感

・強い眠気

・めまい

 

・頭痛

・イライラ

・集中力や判断力の低下

 

食後、血糖値が急上昇した反動で今度は急降下します。

この時の低血糖状態が上記の体調不良に影響しています。

 

このような症状が出るようでは、日常生活に差し支えが出てしまいますよね。

食後高血糖を防ぐには、何か方法はないのでしょうか?

次を見てみましょう。

 

食後高血糖を防ぐには?

 

食後にウォーキングなどの運動をする

食後の運動は食後高血糖に効果があります。

 

食後の血糖値の正常値とは?3

 

ニュージランドのオタゴ大学の研究では、2016年に2型糖尿病患者41人を対象にした試験実験を行い、食後のウォーキングが効果的であるという研究結果を報告しました。

 

時間を決めずに30分ウォーキングする場合と、食後に10分ウォーキングする場合では、後者のほうが食後血糖値が12%低いという結果になりました。

 

オタゴ大学人間栄養学部のレイノルズ氏によると、特に炭水化物の多い食事のときは食後のウォーキングが効果的とのことです。

 

10分でしたら時間も短く日常生活にすぐ取り入れられそうですよね。

食後の時間に余裕がある方は、試してみてはいかがでしょうか?

参照:https://www.otago.ac.nz/news/news/otago624442.html

 

炭水化物のとり方に注意!

炭水化物は人間にとって重要な栄養素ですが、血糖値を上げる大きな原因になります。

とりすぎると血糖値が急上昇して低血糖症状が出やすくなります。

炭水化物の食べ過ぎに注意して、適切な量を食べましょう。

 

また、ごはんや麺類、パンなどの主食を後に食べるのも効果的。

スポンサーリンク

先に野菜や肉魚といったタンパク質を摂取してから炭水化物をとると、血糖値の上昇が緩やかになります。

野菜に含まれる食物繊維は、糖の吸収を穏やかにする効果もあります。

 

低GIの食べ物を取り入れる

GI(グリセミック・インデックス)値は、食べ物を食べたときの血糖値が上昇するスピードを計ったもの。

これが低い値のものを摂ることで、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。

低GI食品は玉ねぎ、きのこ類、アボカド、ナッツ類、青魚など。

 

また、精白されていないもののほうがGI値が低い傾向にあります。

同じパンでも、小麦粉からできた普通のパンより全粒粉やライ麦パンのほうがGI値が低くなります。

また、白米と玄米も同じような関係です。

 

コンビニなどで食べ物を買う時でも、このようなことを意識してみましょう。

 

まとめ

 

・食後血糖値の正常値は140mg/Dl未満。

空腹時血糖値では正常値でも、食後は高血糖という「かくれ糖尿病」の人もいる。

 

・食後高血糖は網膜症やがんの発症確率を上げる。

その他、頭痛やめまい、眠気といった低血糖症状がある。

 

・食後10分のウォーキングには、食後高血糖を防ぐ効果がある。

・炭水化物をとりすぎず、野菜や肉などの後に食べる。

・低GIの食品を食事に取り入れる。

 

 

食後血糖値の正常値を知っておけば、「もしかして食後高血糖かも?」「これは低血糖症状かな?」といった時に自己検査もできますね。

思い当たる症状がある人や、心配な症状がある場合はぜひ医師に相談してみてください。

 

関連記事

血糖値が正常値でも糖尿病の危険あり!!その見分け方とは?



 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク