血糖値で低血糖

 

糖尿病の治療中に低血糖になる人がいます。

もし、仕事中や大事な用事の時に低血糖の症状が出てきてしまったら…。

 

不安ですし、身体的にも精神的にもつらい思いをしてしまうのは避けたいですよね。

不測の事態でも困らないように、低血糖について詳しく知っておきましょう。

低血糖はどんな状態?血糖値は?

 

糖尿病の治療をしている人は、薬やインスリン療法で低血糖の副作用がでることがあります。

低血糖では、以下のような症状が現れます。

 

【血糖値 70mg/dL以下】

 

・手のふるえ

・動悸

・顔面蒼白

 

・頻脈

・発汗

・不安感

 

など

これが重度になると…

 

【血糖値 50mg/dL以下】

 

・けいれん発作

・錯乱

・昏睡

 

血糖値で低血糖1

 

 

 

恐ろしいことに、低血糖は下手をすると命にかかわってしまうのです。

深刻な症状を防ぐためにも、原因を理解し対処する必要があります。

原因についての詳細は、次を見てみましょう。

 

 

低血糖の原因

 

糖尿病治療中の方の場合、インスリンやその他の血糖値の薬が原因で低血糖が起こります。

 

インスリン使用後の低血糖症状は、血糖値を正常値近くに維持しようとする体の働きのよるものです。

特に、食事量が普段より少ない人や腎不全の人は低血糖になりやすくなります。

 

 

また、血糖値の薬である「スルホニル尿素薬」の使用も低血糖症状を起こしやすくなっています。

この薬は、膵臓のインスリン分泌力を高める働きをします。

 

人間のインスリンの分泌量は常に一定量というわけではなく、食事量や運動量によって変化します。

薬やインスリン注射での治療は、このようなインスリンの微妙な変化に対応できません。

そして、時としてこれらの治療が効きすぎてしまい、逆に低血糖状態になってしまうのです。

 

 

血糖値で低血糖2

 

また、長期的に糖尿病を治療している人は、体内でグルカゴンやアドレナリンを作る機能が弱くなっています。

グルカゴンとアドレナリンが少ないと、血糖値低下を防ぐことができなくなってしまい、結果的に低血糖になってしまいます。

 

では、具体的な対処や予防策は何があるのでしょう?

次をご覧ください。

 

低血糖の対処や日頃の予防策

 

「あれ、低血糖の症状かな?」と思ったら、もし余裕がある場合は血糖値を自分で計測してみましょう。

低血糖であることがわかったら、ブドウ糖や糖分を含んだものを摂取し安静にできる場所でしばらく待ちます。

15分位たっても良くならない場合、ブドウ糖や糖分を追加して摂取しましょう。

 

毎日の生活では、下記のようなことに注意しておくとより安心です。

 

自分の使っている薬について知っておく

 

自分の使用している薬や行っている治療が低血糖を生じさせやすいものかどうか、前提知識として知っておきましょう。

薬の副作用や低血糖になりやすい使い方を知っておくことで、予防や対策の準備ができます。

自分の主治医に聞いておくのも良い方法です。

 

常に糖分を持ち歩く

 

ブドウ糖や砂糖を含む食品や飲み物を常に携帯しておくようにしましょう。

補給するブドウ糖の量は10gが目安です。

ブドウ糖を摂取するのが吸収率が良くおすすめですが、ないときは分包された砂糖やゼリー飲料、スポーツドリンクなどで代用しましょう。

 

IDカードを携帯しておく

 

もし家族や友人がそばにおらず、一人でいる時に倒れてしまったら…。

そんな時のためにIDカードを携帯しておきましょう。

 

 

血糖値で低血糖3

 

意識障害になってしまった際、周囲の人に自分が糖尿病であることや低血糖の対応を知らせる用途に使えます。

日本糖尿病教会の発行するカード以外にも、スマホアプリ版もあるようです。

参照:https://www.nittokyo.or.jp/modules/patient/index.php?content_id=4

 

充分な睡眠をとる

 

睡眠障害が低血糖と関連しているという研究結果が出ています。【※】

充分に睡眠をとり、体調を整えることを日頃から意識しましょう。

 

【※】低血糖と睡眠不足の関係

スコットランドにあるクイーンズ・メディカル・リサーチ・インスティテュート(Queen’s Medical Research Institute)の研究チームでは、2013年、「睡眠不足で日中眠気を感じている高齢の糖尿病患者は、低血糖のリスクが高い可能性がある」と、糖尿病情報サイト「Diabetes Care」にて報告しました。

スポンサーリンク

 

食事を抜いたりせずきちんととる

 

安定したインスリン量の分泌を促すためにも、食事を抜いたりせず、バランスの良い食事をきちんととりましょう。

 

研究チームは高齢の2型糖尿病患者898人を対象に、睡眠障害による疲労と低血糖の重症度と関連があるかどうかをアンケート調査しました。

 

「睡眠呼吸障害および日中の眠気」に関するアンケートで該当の多かった患者は、該当の少ない患者より重度の低血糖症に罹患している頻度が高いという結果がでました。

参照:http://care.diabetesjournals.org/content/early/2013/09/23/dc13-0863

 

まとめ

 

 

血糖値で低血糖4

 

・血糖値が70mg/dL以下で手の震えや動悸など、50mg/dL以下でけいれんや錯乱、昏睡状態に至る。

・血糖値の薬やインスリンが効きすぎてしまうと、低血糖に陥ってしまう。

 

・低血糖だと思ったら、ブドウ糖を摂取し安静にする。

・常に糖分を携帯する、IDカードを携帯する、充分な睡眠をとり食事を抜いたりしないなど、日常生活の中で備えておく。

 

低血糖症状や対策についてはこのような内容でした。

 

「知識がなく対策をしていなかったがために、症状が更に悪化してしまった!」という事態はとても恐ろしいことです。

ご家族もきっと不安でたまらないと思います。

 

自衛できる部分は日頃からしておくのが安心感に繋がりますし、家族も安心ですよね。

低血糖の正しい知識を身に着けておきましょう。

 

関連記事

妊娠中に糖尿病になる危険が!妊婦の血糖値の正常値とは?

 


 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

 
発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

 
応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク