糖尿病のインスリン療法

 

糖尿病の治療に使用されるインスリン治療。

私も糖尿病が身近になるまでは「自分でお腹に注射をするなんて大変そうで痛そう」「この治療をするようになったら危ない状態なの?」と思っていました。

実際はどうなのでしょう?また、具体的にはどんな治療方法なのでしょう?

詳しく見ていきましょう!

インスリン治療って?重くなってからの最後の手段?

 

インスリン治療というと、私自身「薬では症状がどうしようもなくなった人の最後の手段」というイメージがありました。

しかし先生に聞いてみたり、本を読んだりしてみるとどうやら現在ではそのイメージは払拭されつつあるようです。

 

現在は新しいインスリン製薬や療法が登場し環境は更新し続けています。むしろ、現在は初期であっても積極的にインスリン治療を取り入れる傾向があるようです。

インスリンを使用することですい臓器を休ませ、正常な状態に戻す手助けをするのです。

ではインスリン治療の具体的な方法はどんな感じなのでしょうか?

 

インスリン治療の具体的な治療法。痛い?大変?

 

治療では、食事の直前に処方されたインスリン製剤を皮下注射します。

インスリン注射に使用する注射器は、とても細い針が使われていてほとんど痛みを感じないものになっています。

 

針の太さは一般的に0.2ミリ程で、採血用の注射針より細いのです。

また操作も簡単で、ペンのようなスマートな形の注射器、ボタンを押して注射等、扱いやすい工夫がこらされています。

 

使用するインスリン製薬は患者のタイプに合わせて様々なタイプがあります。

 

・超速効型 …注射後すぐに作用

・持効型溶解…時間をかけて緩やかに作用

・混合型  …速攻型と持効型両方の特性をもつ

など

 

打つ回数は患者さんによって異なります。最初は飲み薬と併用して一日一回という人もいれば、複数のインスリンを一日に何度か打つ人もいます。

毎日血糖値を自己計測し、医師が設定した目標血糖値になっているかを確認します。

 

副作用はあるの?

 

便利な薬であることはわかったけれど、副作用はあるの?と不安に思う方もいるでしょう。

代表的なものは低血糖症状です。

 

インスリンによって血糖値を下げるわけですから、高血糖を防ぐ反面、低血糖になる可能性もあります。症状としては冷や汗、手足の震え、めまい、重いものになるとけいれんや昏睡にまで及びます。

 

「ふらふらして気持ち悪い」「手足が震える」など、違和感を感じたら注意。

対策としては、ブドウ糖と携帯し摂取したり、砂糖の入っているものや市販のジュースをとると良いです。

副作用あれば、症状などを医師に適宜相談し、対策していくことが大切です。

デメリット(副作用)を知ることで薬と上手に付き合っていきましょう。

 

治療方法や副作用についてはわかったけれど、インスリン治療をするって日常生活にどれくらい影響があるのだろう…。

そう心配に感じる方もいるかと思います。

 

インスリン治療を始めても仕事は続けられるの?

 

糖尿病のインスリン療法2

 

インスリン治療をすることで支障が出て、会社を休んだり辞めたりしなければいけないのかと心配に思う方もいることでしょう。

でも大丈夫です。上記のような治療方法や副作用についてきちんとわかっていて、副作用の対策もできるならば支障をきたすことはありません。職場にも相談して、自分が糖尿病の治療中であることを理解してもらいましょう。

ただ、激しい運動をする場合は注射に慣れて自分の低血糖の症状がわかってから行ったほうが安心です。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

・インスリン治療は最後の手段ではなく、早期から取り入れる例もある効果的な療法。

・治療方法は、1日に1~数回皮下注射し血糖値を自己測定する。

・副作用は低血糖。ブドウ糖や砂糖等の糖分を持ち歩こう。

・インスリン治療を始めてももちろん仕事は続けられる。副作用対策や職場の理解が大事!

 

インスリン治療を一生続けなければならないわけではなく、治療を続けてすい臓の働きが回復してくればやめることもできるようになります。インスリン治療も日々進歩しているので、前向きに治療に取り組み回復を目指していきましょう!

 

関連記事

糖尿病の治療に必要な費用の目安とは?



 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク