糖尿病の治療の基本

血糖値が高い、もしくは糖尿病が疑われる症状がある場合、どうしたら治せるのだろう、と不安に思っているでしょう。

 

糖尿病の治療というと、代表的なものは食事と運動で改善していくものです。

 

私も糖尿病を疑うような血糖値の数値が出てしまったとき、治療として行ったのは食事内容の改善と、運動を増やしたことでした。

 

でも、働きながらの治療は、なかなか自分のペースを作れないこともあり、思うように進まないんですよね。

 

しかし、糖尿病や高血糖は放置しておくと、どんどん病状は進んで行きます。

 

なので、普段の生活に取り入れやすく、気軽にできる、苦しくない糖尿病の食事療法と運動療法をバランスよく取り入れていくことがオススメです。

 

「わかっていてもできない」が繰り返されると諦めがちですが、うまく日常生活の中で習慣化して、気がついたら糖尿病が改善していた!となると、治療も少し気が楽になると思いますよ。

糖尿病の食事療法は、基本に立ち返ることが大切

 

糖尿病の原因に大きく関わっていると言われるのは、肥満です。

現代人は、仕事などのストレス、生活が不規則、食事、加齢により肥満が増えています。

そして、肥満と大きく関わりがあるのが、エネルギーの取り過ぎです。

 

「食べるのが、唯一の楽しみだ」「仕事で夜のお付き合いも多い」と、最近ぽっこりお腹が気になってきたな、なんてないですか?

 

少しでもギクッとしたら、肥満を解消していくことで、糖尿病の治療にも大きく役立ちます。

 

食事で肥満の解消、というとすぐに思いつくのが摂取カロリーの制限でしょう。

しかし、今まであまり気にせず食事をしてきた、なんて人にとっては食事制限ほど辛いことはないです。

 

私の糖尿病の母も、大好きなお饅頭やケーキと決別するのに、相当の努力をしていましたから…

 

また忙しい日々に、いちいちカロリー計算なんて面倒くさくて、継続も難しいと思います。

そこで糖尿病の食事療法は、まず健康的な食事とは?、に立ち返ることをお勧めします。

 

<糖尿病治療のために、食事で改善したいこと>

・食事はよく噛み、腹八分目

・1回の食事で、米、パン、麺の量を減らす

・野菜、肉もしくは魚のバランスが良い定食を選ぶ

・朝食は抜かない、夜遅い食事は避ける

 

糖尿病の場合、まず摂取する糖の量を減らします。糖とは、主に米などに含まれるブドウ糖のことです。昼食が美味しすぎて、白米のおかわりや麺の大盛りなんて頼んでいませんか?

 

糖尿病の方は、インスリンという糖をエネルギーへと変えるホルモンの働きが悪いことが考えられます。そのことで、糖が体にとどまりやすくなり、脂肪も体につきやすくなるのです。

 

インスリンの働きが悪くなったり、分泌量が少なくなることで、糖だけでなく、脂質、たんぱく質などの代謝にも影響が出てくるのです。

(参考元:一般社団法人 日本糖尿病学会 http://www.jds.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4)

 

そのため、少ない量で満腹にする、栄養素をバランスよく摂って、まずはインスリンの状態を正常にすることが大切です。

 

また、食事をする時間も、3食規則正しく摂るようにします。

 

特に夜遅くにご飯を食べることで、朝を抜くと、昼にドカ食いしてしまい、結果として摂取カロリーが増えてしまうので、食事をする間隔にも気をつけた方が良いですね。

 

「1回数十分」でもOK! 運動療法

 

糖尿病の治療の基本2

肥満の解消というと、1日に何時間も走ったり、専用の運動をしなければいけないしなぁ…と腰が重くなっていませんか?

 

実は、糖尿病に効果がある運動療法、1回に30分程度でも効果があるんですよ。

 

糖尿病の運動療法で良いと言われているのが、歩いたり、ジョギング、水泳などの有酸素運動です。わかりやすいので、歩いた歩数でいうと1日1万歩が理想と言われています。

 

えぇ、1万歩?!、と思われるかもしれませんが、実は時間にしてもそんなに長い時間ではないんです。

 

私は普段の生活と合わせて、通勤時に30分ずつ歩くと、歩数は1万歩超えていました。

1日に1時間であれば、毎日行きと帰りに30分ずつ、1駅手前から歩いたり、昼休みに会社の周りを歩くだけでも十分にできる運動ではないでしょうか。

 

これを毎日ではなく、1週間に3日でも少しずつ効果が出始めると言われています。

 

私の場合は、普段の生活と合わせて、会社の行き帰りに1駅分歩き、慣れてきたらオフィスのある7階まで、階段を週に3日程度登っています。

 

もちろん早く糖尿病を改善したかったので、毎日の歩行が習慣になった後は階段を使っていましたが、最初は散歩しかしていませんでした。

スポンサーリンク

 

最近、会社の周りにどんなお店があるか、どんな景色なのか、気にして見たことがありますか?

 

まずはお昼休みなどに、会社の周りにできた新しいお店などを探して散歩へ出かけてはどうでしょう。部下や同僚との話のネタにもなって、職場の雰囲気も良くなるかもしれませんね!

 

まとめ

 

  1. 糖尿病の治療は、肥満を解消することで、改善される
  2. 肥満を解消するためには、健康を維持するための食事と運動の習慣を変えることが必要
  3. 糖尿病の治療中は、腹八分目、規則正しい食事と時間にする
  4. 運動療法は、まずは1回数十分の散歩を日常に取り入れてみる

 

糖尿病の治療というと、あれもこれもしなきゃ!いまの生活を全て変えなければいけない!と考えがちです。

 

しかし、全てを完璧にやろうとして、全く治療ができていなかったなんて、意味がありませんよね。

そのためにも、まずは明日から、今からできることを取り入れて、少しでも早く治療をして行きましょう。

 

少しずつできることが増えてきたら、次はもっとたくさんやる、もっと厳しくすると、徐々に負荷を高めていくことで、糖尿病の治療がつらくなくなった、気がついたら数値が改善していた、と嬉しい結果にも繋がりやすいですよ。

 

ぜひ、まずは基本に立ち返って、普段の生活をよくする事を最優先に、治療に励みましょう!

 

関連記事

糖尿病の治療での数値目標って?



 

運動も食事制限もしない簡単ダイエット!!

 

運動したり食事制限するのって辛くないですか?私は辛くて効果が出る前に止めてしまいます!! そんな私が実際に瘦せれた超簡単ダイエット!!その体験談を読んでみて下さい!!

発芽玄米に出会った理由と選んだワケとは!?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク