玄米の効果を有効

 

体にいいと思って始めた玄米。

だけど、何故か体の調子が悪い…なんてこと、ありませんか?

 

それは、玄米の食べ方が間違っているのかもしれません。

 

確かにたくさんの栄養分が含まれていて、「完全栄養食」という呼び方もされる玄米ですが、食べ方によっては、逆に体を傷つけるデメリットもあるのです。

 

でも、心配はいりません。

正しい食べ方を知ることで、玄米はおいしく、栄養素を安全に取り込むことができます。


スポンサーリンク

玄米の持つデメリット

 

玄米とは、稲の実から、籾殻のみを取り除いた状態のお米です。

私たちが普段食べている白米は、更に精米をすることで、糠などが取り除かれています。

 

糖尿病、高血圧、便秘、さまざまな病気や体の不調に効果のある玄米ですが、一方でデメリットもあります。

 

・消化が悪い

 

まず、玄米は白米よりもはるかに消化が悪いです。

その原因は、セルロースの固い殻につつまれているから。

 

しっかりと炊くことで、セルロースは軟化し、もちもちでおいしい玄米を食べることができます。

ですが、それには玄米に適した炊き方をしなければなりません。

 

また、よくかんで食べることも大切です。

 

こちらに、玄米のおいしい炊き方の動画のリンクを張っておきますので、興味のある方は参考にしてください。

 

 

・アブシジン酸

 

玄米の発芽をコントロールしているホルモンです。

乾燥などの環境や、動物に食べられないように身を守る働きがあります。

 

植物も、食物連鎖の世界で自分の子孫をつないでいくために、自分を守るための手段を備えているのです。

 

このアブシジン酸ですが、人間の生命活動に欠かせないミトコンドリアを傷つけることがあります。

ミトコンドリアは、食べ物からエネルギーを生成する、人間が体を動かすためのエンジンのような働きをしています。

 

ミトコンドリアが体のエンジンだとしたら、傷つけられて働きが悪くなると、エネルギーが不足して、体がうまく動かせなくなってしまいます。

 

体の不調は、疲れやすい、気分の落ち込みなどといった形で表れます。

 

植物が身を守ろうとする働きは、予想以上に怖いのです。

ですが、このアブシジン酸も、きちんと無毒化する方法があります。

 

参照元:「株式会社 日本美健」

http://nbiken.co.jp/genmai_danger/

 

アブシジン酸の無毒化

 

玄米の効果を有効2

 

消化の問題は炊き方でどうにかなるとして、アブシジン酸は怖いですよね。

 

でも大丈夫です。アブシジン酸は無毒化させることができます。

その方法は玄米を水につけ、「発芽モード」にしてあげることです。

 

玄米を水につけて、発芽する状態にしてあげることで、アブシジン酸がファゼイン酸へとかわり、毒がなくなるそうですよ。

 

芽が出ることで、玄米も身を守る必要がなくなると認識するのかもしれません。

 

玄米を無毒化させるために水につける時間は、常温の水で夏場は約12時間程度、冬場は24時間程度です。

とはいえ、水が腐ると食べられなくなるので、定期的に状態は確認し、水を変えたりして調節しましょう。

 

花瓶に生けたお花も、水を変えずに放っておくと腐ってしまいますよね。

それと同じです。

 

・市販の発芽玄米も水につけよう

 

ここで注意しなければならないのは、市販の発芽玄米。

 

既に発芽モードを経ているからアブシジン酸は大丈夫…と思うかもしれませんが、発芽した後再度乾燥させられてしまうことで、より強力な毒となってアブシジン酸が復活しています。

玄米の生きようという執念の強さを感じますね。

 

面倒ですが、市販の発芽玄米も、一度水につけるようにしましょう。

 

・芽が出る玄米を選ぼう

 

水につけても、芽がでない玄米もあります。

例えば、高温乾燥の処理をされた玄米です。

 

水につけても芽が出ないので、アブシジン酸を無毒化することができません。

玄米を選ぶ際は、低温乾燥か、自然乾燥されたものがおすすめですよ。

まとめ

 

1.玄米は栄養満点の食べ物だが、デメリットもある。

2.玄米の消化の悪さは、しっかりと炊くことと、よくかんで食べることで解決できる。

3.玄米にふくまれる発芽をコントロールし、環境や動物から身を守るアブシジン酸は、人間の動くエネルギーを生み出すミトコンドリアを傷つける。

 

4.アブシジン酸は、玄米を水につけ、発芽モードにしてあげることでファゼイン酸へと変わり、毒性をなくすことができる。

5.市販の発芽玄米を購入した場合も、乾燥してしまうことでアブシジン酸が復活するので、一度水につけてから食べる。

スポンサーリンク

6.高温乾燥させられた玄米は発芽しにくいので、低温乾燥か自然乾燥されたものを選ぶ。

 

玄米には様々なデメリットがありますが、それぞれに解決策があります。

 

特に厄介なアブシジン酸ですが、私たちのように動き、話すことのできない植物も、本気で生きようとする姿勢を持っていることを感じますね。

 

デメリットさえ解決すれば、玄米の栄養をあますことなく取り入れることができます。

面倒ではありますが、しっかりとした下処理を行って、美味しく玄米をいただきましょう。

 

関連記事

発芽玄米の効果と効能を知らずにいると寿命が縮むかも

 

◆玄米よりもより安全で栄養価の高いお米ってご存知ですか?それが発芽玄米なんです。玄米を発芽させるだけで栄養価がなんと10倍に!!その凄さをまとめてみました!!

 

玄米と発芽玄米は、なんと栄養価が10倍の違い!!メリットデメリットを比べてみました!!

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク