発芽玄米の危険のアブシジン酸の画像

発芽玄米を食べて危険という話で話題に上がるのは残留農薬か発芽毒といわれるアブシジン酸やフィチン酸です。

 

中でもアブシジン酸はどこにいっても大きな問題として注目され、その対処方法について自分で玄米から発芽玄米を作ることを推奨されています。

 

そこで、今からアブシジン酸の危険性を知ってもらったうえで、その危険を回避するための手段について説明します。

スポンサーリンク

アブシジン酸の危険性とは

 

そもそもアブシジン酸はなぜ危険なのかについてまずはお話ししておかなければなりません。

 

アブシジン酸は発芽毒の一種で、玄米という種を外敵から守るため、外敵からは毒として働く機能と、種が成長できる環境下におかれるまで成長し始めないようにする成長抑制機能を併せ持つ物質です。

 

私たち人間が玄米を食べる際に問題になるのはアブシジン酸が人体の細胞のミトコンドリアを傷つけると言われている作用です。

 

ミトコンドリアは細胞のエネルギーのほとんどを作り出す機能を備えています。そのミトコンドリアが傷つけられると、人間はエネルギーを作り出す力が急激に下がり、低体温状態になってしまい、その結果、やる気が出ない、だるい、免疫力が落ちるなどのの症状に加え、ガンなどの大病のリスクも増大すると言われるのです。

 

なので、このアブシジン酸を徹底的に排除する必要があると言われるのです。

 

ただ、同時に完全に排除することは極めて難しいということも後でお話しします。

徹底するなら農家選びから始まる

 

発芽玄米の危険のアブシジン酸の農家選びの画像

 

玄米の危険性を問題とするなら、まずは玄米選びから作業始まります。

 

ポイントは「死んだ米」を使わないこと。何のことだと思われる方もいるかもしれません。死んだ米とは簡単に言えば発芽しない米のことです。

 

どういうことかとお話しすると、玄米は種です。種なのである一定の条件が揃うと成長して芽を出すはずです。例えば水に長時間つけると芽を出し始め成長しようとするのです。

 

ですが、長時間水に浸けても一切芽を出さない玄米もあるのです。それが、米の世界では死んだ米と表現されることがあるのです。

 

芽を出さない米が問題視されるのはアブシジン酸の性質上、玄米の発芽毒は発芽し始めるタイミングで不活化というアブシジン酸の力が無効化すると言われるからです。

 

つまり発芽し始めると同時に玄米を炊けばアブシジン酸の影響ほぼゼロの玄米が食べられるというわけです。逆に言えば、発芽しない玄米はアブシジン酸が不活化せずに毒が残った状態だということが言うことができます。

 

ただ、なぜ玄米が芽を出さないのかは正直なところ不明です。農家さんの玄米の取扱いが原因といわれ、天日干しの玄米が理想だと言われます。ただ、機械乾燥でも問題なく芽が出るケースもあり、今のところはっきりしたことはわかっていません。

 

ですが、農家によって明らかに芽を出す割合に違いがあるのは確かです。そこで、芽が出る「生きた米」を取り扱っている業者を自分で探す必要があります。なので、アブシジン酸を完全消滅させるには農家や業者選びから始まるというわけなのです。

 

探し方はとってもシンプル。

 

まずは通販業者など安定的に購入できる業者を探し、一番少ない玄米を購入します。

 

その玄米を使って実際に発芽するか試すのです。

 

玄米から芽のつぼみのようなものが見えたら発芽する玄米です。もし、3日ほどつけても芽がでないようなら、発芽しないと考えて良いでしょう。

 

そのときの状態をメモとか写真で残します。

 

これを候補の業者の玄米すべてで発芽させてみるのです。

 

販売業者は通常同じルートで米を取り扱うので、いつも質は一定ですし、質が一定でないと信用に関わるのでそう努力しています。

 

その中で発芽率が50%を越えるようなら優秀な方と考えて良いと思います。中には90%以上の業者もあるようですが、天日干しだから発芽すると言っているにもかかわらず3割ほどの業者も少なくないので、50%は優秀な方ですし、まあ30%でも悪くないと思います。

 

こうして、業者を2社ほど選んだら、この2社を中心に購入すればあなたに安定的な生きた米を食べ続けられます。

 

もしあなたにお金の余裕があったり、どうしても無農薬にこだわりたいなら、選ぶ業者を有機栽培している業者を中心に探してみると良いでしょう。

 

ただし、確実にコストが上がることは理解しておいてくださいね。2倍はかかるのが通常です。それ以下であれば本当に無農薬なのかどうかも怪しいです。

 

続いては、発芽玄米にして無毒化するお話に入っていきますが、これが結構厄介なのです。

アブシジン酸を無毒化する発芽玄米

 

アブシジン酸は最初にお話しした通り、発芽するまで種を守るための機能をもっています。

 

逆に発芽し始めたら、アブシジン酸の効果は弱まり、成長を促進させるために栄養素を種から成長していく芽が利用できやすい状態にするのです。

 

ちなみに、アブシジン酸のブロックが弱まると栄養素も体内に取り込みやすくなるとも言われているので、栄養面からもこの状態で食べるのは効率的です。

 

この性質を利用して、アブシジン酸の不活化と栄養素を効率的に摂取する方法として考えられたのが発芽玄米なのです。

 

方法は単純で、玄米を42度~10度の水につけて、夏場なら約1日、冬場なら約2日程度つけ続けるだけです。ただし、最低1日1回は水を取り替える必要があります。

 

発芽が始まると玄米が呼吸し始めるので、玄米からプクプクと呼吸し始めます。こうなれば一部の玄米が発芽状態になった証拠です。

 

理想は全部がプックリと本当に小さなつぼみを作り始める状態が理想的ですが、全部発芽することはほぼないです。

 

仮に全部発芽するのを待っているとほかの芽が成長しすぎて、味の面で問題が出ますので、適度に芽が出始めたら炊飯して食べることをおすすめします。

 

以上のような方法で玄米から発芽玄米にして食べることでアブシジン酸の危険性を回避するのです。

 

単純ではありますが、水に1日以上浸けたり、炊飯するタイミングを見計らったりと、手間がかかるので手軽さはありません。

 

そしてもうひとつ問題なのはここまで手間をかけても完全な安全を得ることは無理であるという事実です。

アブシジン酸の完全無毒化がほぼ不可能である理由

 

勘の良い人なら気づいたかもしれません。アブシジン酸を完全無毒化するのはほぼ不可能です。

 

なぜなら、優秀な「生きた米」を手にいれても発芽する確率は50%程度です。ということは発芽しない残りの50%は水につけても無毒化されないという理屈です。

スポンサーリンク

 

さらに、発芽させるときに玄米が発芽するタイミングはバラバラなので、無毒化できていない玄米は必ず残ります。

 

であるなら、アブシジン酸はどうしても残った状態で食べなければならないというわけです。

 

どうですか、発芽玄米って面倒だなって思っちゃいました?

 

でも、問題ありません本当はもっと単純なものだと私は考えています。

まとめ 発芽玄米のアブシジン酸をそんなに怖がらないで

 

これまでアブシジン酸のことについて以下の通り説明してきました。

 

・アブシジン酸の特徴

・正しい玄米の選び方

・発芽玄米にしてアブシジン酸を無毒化する方法

・アブシジン酸を完全に回避することはできない理由

 

最後は残酷な結論だったかもしれません。

 

ただ、私からすればアブシジン酸についてみんな反応が過剰だということをわかっていただきたいのです。

 

なぜなら、

・玄米の危険性について国がなにも発表していない

・FANCLのような健康を売りにした企業が積極的に発芽玄米を売っている

・玄米を何十年も食べ続けている人に自覚症状がない

・そもそもこの危険性の根拠としている論文からの危険性について論理の飛躍が過ぎる

 

参考サイト

 

この結果をみるだけでも、玄米は少なくとも昔から食べ続けてきた日本人に大きな影響があるとは考えにくいのです。

 

さらに、玄米を水に浸けるのは長年の知恵です。実際にそれだけで苦さやえぐみが解消します。

 

これはアブシジン酸の影響は弱まっている証拠と考えられます。

 

なので、6時間以上できれば12時間玄米を水に浸けてから食べれば発芽しようが、しまいが、食べて問題ないレベルのアブシジン酸の無毒化は進んでいると考える方が自然なのです。

 

まあ、論文の内容からするとそもそもアブシジン酸なんか気にする必要ないと結論付けてもよいのですが、今までとそんなに手間が変わらないので、とりあえず実践しているというのが私の実情ではあります。

 

もちろん、体質的にそれほど強くない人や玄米が合わない人が無理に続けると問題が起こる可能性はあります。そこだけは気を付ける必要がありますが、通常は食べて問題になるような食品ではありません。

 

それに、市販の発芽玄米が売り出されてもう何年もたちますが、いまだに問題になった話は聞いたことがありません。

 

発芽玄米は健康を害するリスクよりも栄養を摂取するメリットの方が遥かに大きいのではないでしょうか?

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

関連記事

発芽玄米が危険なのは消化酵素阻害物質のせいか?

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク