発芽玄米の危険性をメイラード反応の画像

 

健康食品であるはずの発芽玄米も栄養素よりもその危険性を訴える記事ばかりがありますよね?

 

今回は発芽玄米のリスクに正面から向かいあって、リスクゼロまで持っていく方法を提案させていただきます。

今回の最大リスクは手強いアブシジン酸

 

玄米のリスクは農薬もありますが、それはどちらかというと外部的要因で気になる人は無農薬栽培の玄米を買えば解決する問題です。

 

これは外部的要因で発芽玄米自体の性質ではないため今回は対象外とします。

 

問題は発芽玄米の内部要因でこちらが本命です。

 

では具体的に内部要因というのは、玄米に元から存在する発芽毒のことです。

 

何度か取り上げているので、ご存じの方も多いかもしれませんが、発芽毒とはアブシジン酸とフィチン酸です。

 

特にアブシジン酸は発芽抑制因子として、玄米を守るためにガードが固いので今回のターゲットはアブシジン酸です。

 

 

なぜアブシジン酸は体に有害なのか?

 

アブシジン酸は本来玄米をはじめ植物の種が芽を出すまで、種を守る役割があります。

 

植物にとっては外敵から身を守ってくれる強い味方です。ただ、その種を食べる私たちにとっては反対に毒となる性質があるというのです。

 

ある学者さんの研究によると、アブシジン酸は体内の細胞のミトコンドリアを攻撃し、細胞がエネルギーをだせない状態にしてしまうと言われています。

 

これにより、低体温を引き起こし、結果として無気力、不妊、がん等を誘発する恐れがあると言われています。

 

ただ、この情報はどこまでが正確かはあまり他にデータがないので、不明確な情報ではありますが、発芽玄米の一番リスクがあるのはアブシジン酸なのでこの成分の無力化を目指すのです。

 

 

アブシジン酸の無毒化は不活化が常識だが

 

アブシジン酸の無毒化には死活化と不活化があるのですが、死活化は玄米をフライパンで火を通して強引に無毒化するので、ただ毒はなくなりますが、玄米の美味しさとか栄養素とかを無視した手法なので、今回は採用しません。

 

で、もうひとつの方法が不活化といって発芽の際にアブシジン酸が無力化する性質を使った方法になります。

 

やり方はいたってシンプル。

 

玄米を水に浸けて、24時間から48時間浸け続けることで発芽状態を促進させ無毒化を促すというものです。

 

ですが、実は技術というかコツがいる方法でもあります。

 

まずは水温ですが10℃以上42℃以下で浸け続ける必要があります。

 

人肌以下なら適温なのですが、温度によって、季節によって発芽の進行が変化します。

なので、24時間から48時間というアバウトな時間設定をされているのです。

 

この方法で発芽が始まる芽がほんのちょっとでる具合を見極め、その後圧力釜や炊飯器を使って炊くという工程に進まなくてはなりません。

 

確実にそのタイミングを知るには何度も米の状態を確認しなくてはいけませんし、超めんどくさいです。まあ、慣れてくれば何となくわかってくるのでしょうが、完全に不活化するには職人技が必要なのです。

 

つまり、根気強い人でないと絶妙なタイミングで食べられないのです。

 

ちなみに、私は絶対にやりません。私は「気楽に!健康的に!」がモットーなので(笑)。

 

そこで、利用したいのがメイラード反応というわけです。

 

メイラード反応はアブシジン酸完全消滅の鍵

 

発芽玄米の危険性をメイラード反応の画像2

 

記事のタイトルに書いてあるのに一向に現れませんでしたが、ようやくここでこの言葉にたどり着きます。

 

そう。メイラード反応です。

 

メイラード反応とは酵素玄米を作るときに起こる化学反応で、小豆のアミノ酸と玄米の糖質が化学反応を起こしてメラノイジンが生成される作用のことです。

 

酵素玄米とは寝かせ玄米ともいわれ、玄米を小豆と塩を少量と一緒に3日3晩保温ジャーで寝かせることから寝かせ玄米といわれます。

 

具体的な作り方はこの記事の趣旨とずれるので、ネットで「発芽酵素玄米 作り方」などで調べればいくらでも出てくるので、解説はそちらにお任せします。

 

このメイラード反応のキーポイントは3日3晩寝かせることです。発芽毒は水に長い間浸けることで不活化します。

 

発芽酵素玄米は元々、一定時間水に浸けて無毒化が進んでいたものにさらに水分が多いまま保温し続けるので、ほぼほぼ毒素はない状態になります。

スポンサーリンク

 

でも、賢明な方ならここで単純な疑問をもったかもしれません。3日以上保温し続けて腐らないのかという疑問です。

 

実はこれがメイラード反応の特徴です。メイラード反応は抗酸化作用つまり腐りにくくする効果があるのです。その効果は強く、出来上がってから余裕で5日はもちます。5日もあれば十分食べきれますよね。

 

メイラード反応恐るべしです。

 

 

メイラード反応による抗酸化作用は強力

 

メイラード反応には抗酸化作用があるとお話ししましたが、腐りにくくするのはなにも玄米だけではないのです。

 

これを食べれば肉体も抗酸化作用の恩恵を受けられて、生活習慣病や老化防止に効果があるのです。

 

もちろん玄米本来の栄養素も健在なので、栄養の固まりを食べているようなものということで、手間暇を惜しまない場合には発芽酵素玄米は悪くないチョイスだと言えるでしょう。

 

 

まとめ いくら健康によくても・・・

 

これまでお話ししてきたとおり、発芽酵素玄米はいいところ満載の食品と言えます。

 

発芽玄米のように水を浸ける時間が中途半端になる可能性が低く、アブシジン酸の完全なる無毒化が期待できます。

 

さらに、メイラード反応によって玄米本来の栄養素だけでなく酸化防止作用もプラスされます。

 

つまり、いいことずくめってわけです…

 

 

…でも、面倒くさいんです。

 

 

発芽酵素玄米はとにかく手間がかかります。調べていただければわかりますが、玄米を発芽させて、ご飯を炊いて、保温したまま3日間おいてから食べます。

 

毎日食べ続けるためには、最低保温ジャーが2つないと期間が空いてしまうので一つを食べている間に次の期間のご飯を作らなければならないのです。

 

つまり、この工程を3・4日に1回ぐらいは行うことになります。ちょっと面倒です。

 

私のように気楽に健康になりたい方は市販の発芽玄米のほうが断然おすすめです。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

関連記事

発芽玄米が危険なのはフィチン酸のせいなのか?

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク