発芽玄米が危険なのは消化酵素阻害物質の画像

発芽玄米で検索すると関連するキーワードとして出てくるのが、栄養素、効能といったポジティブな情報に加え、危険、毒素、デメリットといった情報が出てきます。

 

ただ、実はこの危険や毒素等という情報はほぼ一つの問題を解決できれば、解消できるものなのです。

 

その一つが消化酵素阻害物質(発芽抑制分子ともいう)であるホルモン物質のアブシジン酸の存在なのです。

 

なので、今回は消化酵素阻害物質についてできるだけ簡単に説明したうえで、その一番簡単な対策をお伝えして、気軽にあなたに発芽玄米を食べてもらえるようお話ししていこうと思います。

 

実はこの食べる方法は動物も自然とやっている方法なんですよ。このことも後で触れることにします。

スポンサーリンク

消化酵素阻害物質とは?

 

消化酵素阻害物質またの名を発芽抑制因子と聞いてもおそらく全くイメージがわきませんよね。

 

消化酵素阻害物質は実はアーモンドや大豆などの豆類、玄米や小麦などの穀類、チアシードやひまわりの種などのシード系などこれら全部の食品に共通する問題なのです。

 

これらに共通するのは植物の種であるということです。

 

ここで質問なのですが、これらの種を袋に放置しておいて芽が出たところを見たことがあるでしょうか?

 

 

おそらく、「ない」と言う答えが帰ってきたと思います。

 

「ある」と答えた人は詳しくその状況を教えてくださいね。

 

基本的には、種が乾燥した環境では種から芽は出ない仕組みになっています。

 

これが消化酵素阻害物質というより発芽抑制因子の力といった方がしっくりくるでしょう。

 

種は成長するためには一定の条件下、つまり一定以上の水分や成長に最適な温度などの条件が整わないと十分に成長できません。

 

そのため、それまでむしろ成長することを抑え、条件が整うまで種を維持する必要があるのです。

 

そのための物質がアブシジン酸という消化酵素阻害物質の役割なのです。

 

そして、この消化酵素阻害物質のもうひとつの役割として外的に種を食べられないように動物に有害な物質であるという性質をもっています。

 

種をそのまま食べると苦味やえぐみがあり、不味いのも消化酵素阻害物質のせいであり、食べたあともミトコンドリアに悪影響を及ぼすともいわれています。

 

このことから自然と種を食べる量がコントロールしようとしているということです。

 

ただ、種にこの話を聞いたわけではありませんので、あくまで予想でしかないですけどね(笑)。

 

ただ、消化酵素阻害物質が種の健全な成長をサポートするために存在するというのは間違いありません。

消化酵素阻害物質の簡単な2つの解決方法

 

種を守るために消化酵素阻害物質が大事なのはわかりました。

 

けど、私たちはその種である玄米をどうしてもたべたいのですが、毒のあるものをそのまま食べることは気が引けます。

 

できればその毒を弱めてから食べたいと思うのは自然なことです。

 

その方法には2つの方法があります。

 

方法1 フライパンで煎る

この方法は簡単です。

 

玄米を炊く前に、フライパンで玄米に火を通すのです。アーモンドなんかはよく煎ったものが売られていますよね。

 

こうするとアブシジン酸はその機能を失い。毒素もなくなります。10分程度煎れば問題ないでしょう。

 

ただし、実際の食べるときの美味しさは保証できません。カリッカリのパサパサで美味しくはありません。

 

まあ、人の好みかもしれませんので、興味のあるかたは試してみてください。玄米にはふさわしくない方法だとは個人的には思いますが…。

 

もうひとつの方法は簡単で私もおすすめできる方法です。

 

方法2 玄米を水に浸ける

そのままの話になりますが、玄米を水に浸ける方法です。最低でも6時間以上できれば12時間以上浸けると無毒化は進みます。

 

まあ、発芽玄米を作るときと同じよう量ですが、この際発芽は気にしなくて良いです。

 

これはソークという方法でほかの豆類などでもお馴染みの方法です。

 

厳密には発芽するさいにほぼ完全なる無毒化が可能なのでしょうが、ソークするだけでも多少毒素を解消できると考えます。

 

事実、ソークした玄米や大豆からは苦味やえぐみはなくなりますから、消化酵素阻害物質の力は衰えていると考えて良いでしょう。

 

あなたがもし、夜ご飯に発芽玄米を食べるなら、朝炊飯器にセットして夕方炊き上がるように設定しておきましょう。これで、ある程度ソークされたご飯が食べられる計算になるのでおすすめです。

スポンサーリンク

動物もソークしていた!自然ってすごい!

 

発芽玄米が危険なのは消化酵素阻害物質とソークの画像

 

リスがひまわりの種などを口に頬張っている様子は可愛らしいですよね。

 

和みます。

 

でも、これはただ単にたくさん種を頬張っているわけではありません。

 

これも一種のソークなんです。

 

口の中にある水分に種をつけて一定時間おいておくことで種の消化酵素阻害物質の無毒化を試みているといわれています。

 

また、ほかの動物もドングリなどの種を土に一時的に埋めたりします。

 

これも発芽しやすい環境を整えることで発芽を促し、毒素をとっている行動だというのです。

 

動物の場合、深い考えがあるというより、遺伝的に生きていくための習性ではありますが、自然にそんな行動しているなんて何か感動します。

 

というわけで、ソークという方法は自然のお墨付きということです。

まとめ 発芽玄米を食べるときもソークしてから食べよう

 

これまで消化酵素阻害物質について説明したことをまとめると、

・消化酵素阻害物質は種を守るため成長を抑え、外的にとって毒である。

・消化酵素阻害物質を無毒化するにはソークがおすすめ

・ソークは自然界の動物も実践していた

 

ということになります。

 

正直私はアブシジン酸がどこまで人体に影響があるのか疑問が残ります。

 

ただ、水に浸けるソークという方法ならいつものご飯を炊く方法とほとんど変わらないので、それでさらに無毒化できているならラッキーぐらいで考えています。

 

あなたも少し米を浸ける時間を長目にとるだけなので、アブシジン酸が気になるならこの方法を実践してみてください。

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

関連記事

発芽玄米は危険ではない!発がん性物質のゴイトロゲンは入っていない!?

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク