市販の発芽玄米には毒がある?知っておくべき対策

 

発芽玄米の原料である玄米には、アブシジン酸という種子毒が含まれています。

ミトコンドリア毒と言われているアブシジン酸。

 

一体どんな影響があると言われていて、どんな対策があるのか。

今回は玄米に含まれる毒性についてと、どうすればそれを改善できるのかまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

発芽玄米の毒ってなに?

 

市販の発芽玄米には毒がある?知っておくべき対策

 

健康に良いと評判の玄米にですが、一時議論の的となり話題になったのが種子毒と言う成分です。

 

アブシジン酸

玄米などの種に含まれている植物ホルモンの一種です。

特に乾燥、塩、低温などに対して細胞内で合成され、これらのストレスに対抗するためのタンパク質をつくったり、組織の休眠を促したりします。

 

例えば根や葉の細胞で水分の不足を感じると、植物の種子や芽の休眠を誘導し、気孔の閉鎖を誘導するなど乾燥から植物を守ります。

他、葉や果実など、作物の実や種が熟して落ちるのもこのホルモンの働きによるものです。

 

実は成分が活性酸素を生成することで、人間の細胞内のミトコンドリアに対して何らかの悪影響を及ぼすと言われています。

ミトコンドリアはエネルギー代謝などに非常に重要な役割を果たしているので、免疫力が下がったり、様々な病気に掛かりやすくなると言われています。。

 

 

発芽玄米の毒への対策

 

市販の発芽玄米には毒がある?知っておくべき対策3

 

アブシジン酸はどうすれば減らすことができるのでしょうか。

ネットで学術的な資料を探してみると、秋田栄養短期大学栄養学科 の佐藤実教授が

アブシジン酸は玄米を水に浸して発芽させることで、悪影響が無いレベルまで含有量を減らすことができると書かれていました。

(参照 http://www.akita-eiyo.ac.jp/nutrition/uploads/File/map/1_3_3.pdf

 

なるほど!では、発芽させていればアブシジン酸は問題ないのか!

と思われた方、ちょっと待ってください!

 

 

発芽玄米は市販だと意味がない?

 

市販の発芽玄米を購入すれば、もう発芽させてくれているんだし、水に浸さなくてもアブシジン酸が無いだろう!

 

と思われるかもしれませんが、実はそんな事はありません。
実は水に浸しただけでは、アブシジン酸は完全に死活化はしておらず、しかも一度水分を与えた後に乾燥をした発芽玄米のアブシジン酸は、以前より強力になると言われているのです。

 

一度抑えられて再び解放されると、今度は以前より強くなる。というイメージでしょうか。。

 

 

発芽玄米のアブシジン酸はどうすればいい?

 

市販の発芽玄米には毒がある?知っておくべき対策4

 

結局どうすればいいんでしょか。

上の資料でもご紹介しましたが、アブシジン酸は吸水させることで減らすことができます。

結論としては、どうしても気になると言う方はどれだけ面倒であったとしても、発芽玄米に吸水させ、アブシジン酸を取り除くようにしましょう。

 

また毒性が気になる人たちにとって朗報だと思われる情報として

 

「食品安全委員会遺伝子組換え食品専門調査会 第 8 5 回会合議事録」 file:///C:/Users/FMV/Downloads/kai20101027id1_020.pdf

 

によると、専門家の人たちがアブシジン酸について議論をしている場面があり、その中で

スポンサーリンク

米国の EPA という機関が、「アブシジン酸に遺伝毒性はなく毒性の問題もない」と結論をだしている。

というコメントがあります。

 

EPAとは、アメリカの環境政策全般を担当する行政組織、米国環境保護庁のことで日本における環境省にあたる機関のことです。

環境汚染、廃棄物処理や管理に伴う汚染の拡散などの防止対策、環境教育の支援、などの環境に関連する施策を行っています。

 

アメリカの公的機関がアブシジン酸の毒性を否定しているというのは、日本では報道されたりしていないようなので、ほとんどの方が知らないのではないかと思います。

(参照 http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu03090380108

 

 

まとめ

 

1.玄米にはアブシジン酸という種子毒がある

2.市販の発芽玄米は乾燥させているのでむしろアブシジン酸が増えている可能性がある

3.アブシジン酸は吸水させることで無害にでき、かつアメリカではそもそも無害認定さえされている

 

発芽玄米の毒とその対処の仕方についてまとめてみました。

 

アブシジン酸に対しては現在沢山の見解が存在し、毒性の有無からその対策に至るまで多くの記事があります。

 

現在もまだ研究されている段階のようですのではっきりとしたことは言えませんが、少なくとも吸水させたり、他にも加熱処理すれば確実にアブシジン酸を抑えることができると資料にも書いてありましたので、どうしても気になるという方はそのようにすることをおすすめします!

 

関連記事

玄米の栄養の吸収を阻害する毒!!回避する簡単な方法とは?

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク