発芽玄米の作り方

 

健康に良いのはわかっているけど、発芽玄米ってどうやって作ったらいいのかわからない人も多いと思います。

 

実はなれるとそうでもないのですが、やっぱり体験してみないと実感がわかないと思います。

 

そこで、今回は一般的ないわゆる王道の作り方をお伝えするとともに、ある道具を使って、より便利に発芽玄米をつくる方法をさらに2つ説明していきます。

スポンサーリンク

発芽玄米の作り方といえばこれが王道

 

発芽玄米の作り方2

 

まずは王道の方法から説明します。

 

発芽玄米は玄米を発芽直前の状態にして発芽毒の危険性を回避しつつ、玄米にある栄養を効率的に吸収できる方法として普及しているものです。

 

工程としてはそれほど難易度が高いものではないのですが、この普通のやり方だとかなり意識高い人か時間に余裕がある人でないと継続のハードルが高い方法です。

 

用意するものは

 

・玄米

・ボール

・炊飯器

 

・水

・塩少々

 

以上です。

 

用意するものは単純ですが、問題は作り方というより待ち時間が問題になってきます。さらに、こだわってやるなら炊飯器が土鍋という選択もあるかもしれませんが、そこはお好みに任せます。では、本題に入っていきます。

 

1.ボールに玄米をいれて水でよくすすぐ

玄米には不純物がついていることが多く、準備の段階でゴミやチリをとる必要があります。

 

玄米に十分を浸す水をいれて、手で玄米を傷つけないようにかき混ぜてホコリが浮いてこなくなるまで、水を取り替え続けます。

 

ただし、白米を研ぐのとは違い、かき混ぜるだけということに注意しましょう。

 

糠をとるわけではありませんので、むしろかき混ぜるだけにしておかないと、玄米を傷つけることになりますので、注意してください。

 

2.浸水させる

玄米を水で十分にすすいだら、いよいよ玄米の発芽状態を目指します。

 

といっても、方法はとても簡単水につけるだけです。

 

ただし、つける時間は長いです。

 

夏は24時間以上、冬は48時間以上というのが一般的です。

 

ポイントとしては、水を定期的に取り替えるということです。

 

最低でも12時間に1度は取り替えたほうが良いです。

 

水は放っておくと雑菌が繁殖します。なかには危険な黄色ブドウ球菌などの毒性をもつ菌もあるので、夏は特に6時間に1度は取り替えるのが理想です。

 

正直、この待つという工程が私には耐えられませんが、私より根気が続く人には特に苦にならないんだと思います。

 

3.発芽状態を観察する

ここでも一般的な基準ですが、玄米の10粒に1粒胚芽がふっくらと1ミリ~0.5ミリ膨らんでいる様子であれば、発芽は完了となります。

 

全て発芽させたくて待ちすぎると、最初の方に芽を出した種が成長しすぎて、風味も栄養も低下するので、あまり多くの芽が出てくるのを待たない方がよいでしょう。

 

4.炊飯器で炊く

発芽が確認できたら、あとは炊飯器で炊くだけで美味しい発芽玄米の出来上がりです。

 

はじめての人は白米と同じときの水の量で、白米炊飯のモードで普通に炊飯してください。十分柔らかく炊き上がります。

 

・ワンポイント

発芽玄米を炊くときには玄米1合あたりひとつまみ加えると玄米独特のえぐみがなくなりより美味しく食べられますよ。

 

以上がごく一般的な食べ方です。

 

この方法の問題点はとにかく、時間と手間がかかるということです。

 

夏でも1日、冬だと最低でも2日浸水させる必要があり、しかも定期的に水を取り替える必要があり、冬なんかだと何回取り替えるんだって思いません?

 

あと雑菌の問題もあります。玄米には雑菌が付着しており、繁殖しないようにしないと腐ったり、有毒な菌が繁殖したりするので、対策として12時間おきに水を取り替えていましたが安全性を考えると別の方法も検討すべきでしょう。

 

 

なので、これから紹介する2つの方法はこれらの問題を解決できる方法になります。

ザルにあげちゃえばちょっと楽で安全

 

先程もお伝えしたとおり、一般的な発芽玄米の作り方だと時間と手間が意外にかかると思いませんでしたか?

 

このザルを使った方法は水を取り替える手間が減る方法です。

 

先程の方法と違うのは2の浸水させる行程に違いがありますので、それ以外の工程はほぼ同じと考えてもらって問題ありません。

 

用意するもの

 

・ボール

・ザル

・玄米

 

・水

・塩少々

 

水で玄米をすすぐ方法は先程と同じです。

 

次に2の浸水させますが、玄米をボールに重ねたザルに入れて玄米から数センチ上の高さまで水をいれます。                         このまま12時間以上浸けます。できれば途中6時間後ぐらいに水を変えます。これは雑菌の繁殖を最小限に押さえるためです。

 

12時間経過したら、ザルを水からあげます。

 

そのあと12時間はザルの上に水で濡らしたキッチンペーパーなどをかけた状態でおいておきます。

 

12時間が経過したら、一度水ですすぎます。

 

さらに、12時間経ったら完成です。

 

つまり、水に12時間、ザルに12時間、水ですすいでまたザルに12時間の合計36時間で完成です。

 

夏場はザルにあげたら冷蔵庫の野菜室にいれて雑菌の繁殖を防ぎましょう。

 

この方法だと夏場・冬場関係なく発芽の進み具合に関係なく炊飯に移って大丈夫です。

 

結局、本当に大事なのは十分に水につけることなので、本当の発芽玄米を目指している人からすれば邪道かもしれませんが、発芽毒と栄養吸収という面では問題ないはずです。

 

この方法は一般的な方法に比べれば、水につけている時間が短いので、雑菌の繁殖が抑えられること、季節に関係なく同じ時間でできるので、いちいち時間を気にしなくてすむのがメリットです。

 

夏場は通常の方法より時間がかかって嫌かもしれませんが、その間の管理は最初の方法に比べればかなり楽です。

いよいよ、最後の一つは私のおすすめの方法です。これは時短と衛生面とに優れた方法です。

発芽玄米をつくるのになぜ魔法瓶?その作り方を伝授

 

 

私のイチオシ魔法瓶で発芽玄米をつくる方法です。

 

用意するもの

スポンサーリンク

 

・魔法瓶(750ml以上)

・玄米

・ぬるま湯(30~35℃)

 

・ボール

・炊飯器

・塩少々

以上です。

 

この方法も2の浸水以外は最初の方法と変わりません。

 

なので、浸水の方法以降をポイントを押さえて説明します。

 

不純物を取り除いた玄米を使って発芽玄米にしていきますが、発芽させるときに気を付けたいのが、雑菌と水の温度です。

 

そこで魔法瓶に玄米を投入して発芽させるのです。

 

まずは魔法瓶を熱湯消毒します。気休めかもしれませんが、少しでも雑菌の繁殖を防ぐために私は必ず行います。

 

次に魔法瓶に玄米を投入し、30℃~35℃のお湯で玄米を浸します。そのあと密封し、3時間待ちます。

 

3時間後に玄米をぬるま湯ですすいでから、新たに30℃~35℃のお湯で魔法瓶を満たします。

 

これでまた3時間待ったら、もう浸水は完成です。

 

温度が高いと雑菌が繁殖しやすいのですが、なにしろ他の方法よりも時間が圧倒的に短いので、雑菌が繁殖する前に十分浸水させることができるのです。

 

でき上がりの目安は玄米が1.3倍くらいに膨らんでいれば浸水は完了です。

 

あとは、炊飯器で普通の白米を炊く要領で大丈夫です。つまり白米モードで炊飯してもらって大丈夫です。

 

なお、ここでも白米を炊く際には1合につき塩ひとつまみをいれて炊くと玄米独特のえぐみがとれてより美味しくなります。

 

実はこれが発芽玄米の作り方としてはもっとも簡単な方法だと思っています。もちろん市販の発芽玄米を炊く方法ほどではないですが。

まとめ 発芽玄米を作るなら魔法瓶が最適!?

 

これまで玄米から発芽玄米にして食べる方法を3つお伝えしました。

 

・一般的な水につけて1・2日発芽するまで待つ方法

・水につけてから途中でザルにあげて雑菌の繁殖を防ぐ方法

・魔法瓶を使って時短と雑菌の繁殖を最小限に押さえる方法

 

以上の3つの方法で気になる方法はありましたか?

 

正統派なら最初の方法でじっくり発芽を待ちましょう。

 

雑菌に注意しながら王道に近づけたいならザルを使ってください。

 

邪道と言われても栄養吸収率を高める発芽玄米を手軽に手作りに楽しみたい人は魔法瓶を使って楽しましょう。

 

気になる方法があれば、一度是非試してくださいね。

 

ただ、これを毎回の食事の度ににするのは苦痛ではないかなぁ?と思いました。たまのご馳走でしたら手間暇をかけたかいがあると思いますが・・・。

 

美容や健康の為に毎日するなら市販の発芽玄米を使うのも有りだと思います。

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

関連記事

発芽玄米の裏ワザ的作成法!ヨーグルトメーカーなしでも同じ効果を再現!

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク