発芽玄米の作り方で夏

 

発芽玄米を食べる人はあたり前ですが、一年中食べるのが普通ですよね。

 

まあ、そんなことないという声が聞こえるような気がしますが、そういう声は聞こえないことにして、話を進めます(笑)。

 

最近は発芽玄米という商品でファンケルさんのように最初から発芽玄米にして売られるので私のようにそれを購入すればなんの問題もありません。

 

しかし、玄米から発芽玄米にする方達にとっては、育成するにあたって、季節に常に影響を受け、発芽のスピードも変わってしまうのです。

 

今回はその中で、夏場にスポットを当てて発芽玄米の夏に適した作り方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏場に発芽玄米を作る忘れてはいけない注意点

 

発芽玄米の作り方で夏2

 

夏場に注意する問題は主に2つです。

 

・発芽のスピード

・雑菌の繁殖

 

この2点に注目して話を進めます。

 

発芽のスピードを冷蔵庫で調整せよ!

 

1つ目の問題として、発芽のスピードが結構早いことが裏目に出るということがあります。

 

早いのは悪くないのですが、炊飯するタイミングとあわないこともあり、成長しすぎると風味も栄養価も落ちるという最悪の結果が待っています。なので、その対処法が必要です。

 

まず、発芽は米の種類や外気の温度によって変わってくるので、12時間を目安に発育状況を見ていく必要がありますが、大体1日ぐらいでちょうどよい状態になります。

 

そのタイミングで炊飯するなら何も問題ないのですが、まだ炊かないなら冷蔵庫を使います。

 

発芽した玄米は一度水ですすいで、そのあと水気を切ったらタッパーなどの密閉容器にいれて、冷蔵庫のできれば野菜室で保存します。

 

2・3日なら問題なく保存できますので、まあできれば早いうちに炊いてください。

 

こうすれば、それ以上発芽は進行しませんし、風味も落ちることなく美味しく発芽玄米を食べることができます。

 

次に雑菌の繁殖についてです。

 

発芽玄米を雑菌から守れ!

 

発芽玄米を作るときに切っても切れないのが水の問題です。

 

発芽の条件は3つあって、水と温度と酸素です。

 

なかでも温度と水が特に重要で、温度が上がれば早く米は成長するのでよいように聞こえますが、温度が上がると雑菌の繁殖スピードも上がります。

 

雑菌のなかでも黄色ブドウ球菌という強力な毒素を持つ菌も存在します。

 

黄色ブドウ球菌は食中毒や肺炎や感染症などを引き起こし、最悪死に至る原因ともなる大変危険な菌です。

 

なので、水の取り扱いは十分に注意する必要があるのです。

 

この一番基本的かつ有効な対処法が水を定期的に取り替えることです。

 

夏場だと6時間に1回は玄米を浸けている水を取り替えましょう。

 

気になるひとはもっと短くてもよいぐらいでしょうが、大変なので6時間を目安に取り替えることを心がけましょう。

 

以上2点が夏場に気を付けることととその対処法になります。

 

次は、これらのことを一気に解決する方法をお伝えします。

魔法瓶を使えば玄米の管理が楽になる

 

私のなかでは夏場にもっともメジャーな方法ですが、一般的にはマイナーな方法かもしれませんので、こっそりお伝えします(笑)。

 

実はこの方法は別に夏場に限った方法ではありません。

 

それは魔法瓶の性能が季節を選ばないからです。

 

それでは、これから簡単な手順とそのメリットについてお伝えします。

 

【用意するもの】

 

・玄米

・水

・魔法瓶

・ボール

 

次に手順を説明します。

①玄米をすすぐ

 

玄米は文字通り流水ですすいでください。玄米の表面に付着した不純物さえ取り除ければ大丈夫です。

 

すすぎ過ぎは玄米を傷つけるので気を付けてください。

 

②魔法瓶に玄米とぬるま湯をいれる

 

玄米をいれる前に魔法瓶は熱湯消毒しましょう。

 

雑菌が繁殖しないようにしているのに、魔法瓶の雑菌が残っていたとなれば笑えないので。また、熱湯消毒すると玄米を投入したときに温度が下がりにくくするので一石二鳥です。

 

いよいよ、先ほど不純物をとった玄米を魔法瓶にいれます。玄米を入れたらすぐに30度~35度のお湯を入れます。

 

ただし、温度が下がることを計算して40度のお湯までならいれても問題ありません。そうすれば玄米への浸水は早くなります。

 

私は無難なところで35度のぬるま湯をいれてます。

 

これで魔法瓶の蓋を閉めたらひとまず3時間待ちます。

 

③3時間たったらぬるま湯を取り替える

 

3時間が経過したら、一旦お湯を入れ換えます。これはもうおわかりですね。雑菌の繁殖を抑えるためです。

 

雑菌としても3時間でかえられると繁殖の暇がなくて困っちゃいますが、私達は困りませんので、換えてくださいね。

 

入れ換えるときは面倒がらずに玄米をまたすすいでください。

 

あなたが安心して玄米をたべたいならそうすべきでしょう。

 

これで再びぬるま湯にいれて魔法瓶の蓋をしたら、さらに3時間待ちましょう。

スポンサーリンク

 

④炊飯する

 

再び3時間経過し、計6時間魔法瓶に浸けおきしたら、発芽玄米は完成です。

 

今までの方法とくらべて随分簡単でしょう。

 

ただ、1つだけ問題があるとすれば、発芽していないかもしれないということです。

 

なぜなら、発芽に必要な十分な酸素が得られないのが1つの原因と考えられています。

 

しかし、発芽していると考えて問題ありません。

 

発芽に必要な指標として積算温度というものがあります。

 

これは水分が十分な状態で必要な温度のことであり、今回の魔法瓶の例では30度×6時間で積算温度は180度となります。

 

米の積算温度は100度であり、実質的には発芽状態と考えて問題ありません。

 

なので、見た目にこだわらなければ、これほど低コストで時短もできる方法はなかなかないと考えております。

まとめ 発芽玄米を夏場に作るなら魔法瓶がいいとは思うけど…

 

これまで説明したことをまとめると、

・夏場に発芽玄米を作るために2つの点に注意すること

・夏場は魔法瓶を使って楽に発芽玄米を作ろう

 

ということでした。

 

魔法瓶については私は楽なのでオススメですが、王道の方法がよい方も最低でも今日お伝えした注意事項に気をつけて発芽玄米を作っていただけると安心ですよ。

 

でも毎日作るのめんどくさい!!やっぱり心配という方はファンケルの発芽玄米がおススメです。

 

 

この記事を読んで頂いた方は健康や美容に凄く関心があると思います。

 

この美容と健康に共通して敵となるのが肥満ですよね?キツイ言い方をすると

 

デブは醜い!!

 

これにつきます。太っていると汗をかき易いので、暑苦しいですし何より清潔感が無いので異性にモテにくくなります!

 

健康にはもっと最悪です!肥満は万病のもと。デブだと生活習慣病とか贅沢病と言われる糖尿病や通風になりやすいのです!

 

知ってました?糖尿病や痛風って一度かかると二度と治らないんですよ?悪化させない為に辛い食事制限をしなければならないのです!

 

悪化させると失明や手足の切断そして寝たきりの生活がまっているのです!!

 

でも安心してください!予備軍と言われる状態でしたら痩せれば元の健康な体に戻れるんです!!

 

発芽玄米がダイエットに良いのは

発芽玄米でダイエットが成功する「太った」と言われないオススメ方法は?

の記事でお伝えしていますが、私もこの発芽玄米ダイエットの実践者なんです!

 

交通事故の後遺症で運動出来ない!趣味は美味しい物を食べる事!の私が発芽玄米に替えただけで瘦せれたんです!!

 

食事制限も運動もしないで痩せた体験記!ぜひ読んで見てくださいね!

運動も食事制限もしないで半年で3kg痩せた私の体験談

 

関連記事

東京ガスが削除した発芽玄米の作り方を大公開!!

 

応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク