栄養豊富なイワシを、梅と一緒にさっぱり煮る煮物のレシピです。

イワシにはコレステロール値を下げてくれる「DHA」や「EPA」、脂肪の代謝を促進する「バナジウム」、食欲を抑える「ヒスチジン」とダイエットに嬉しい成分が豊富に含まれています。

梅干しも同じで、脂肪燃焼効果がある「バニリン」、むくみを解消する「ムメフラール」、代謝をスムーズにしてくれる「クエン酸」など、ダイエット効果を持つ成分が豊富ですよ。

今回はこれらの食材を使って作る、煮物のレシピを紹介します!ごはんとの相性もばっちりなおかずですよ♪

スポンサーリンク

イワシの梅煮 材料

 

(5人分)

※1人あたり約180kcal

 

・イワシ   :5尾

・梅     :3個

・しょうが  :1かけら

・大葉    :5枚

 

 

【煮汁】

 

・水     :200㏄

・醤油    :大さじ2

 

・みりん   :大さじ2

・酒     :大さじ2

 

 

イワシの梅煮 作り方

 

1

イワシは内臓を取り除き、頭を落としたものを使用します。自分で捌いてもOKですが、スーパーで下処理されたものを使うと便利ですよ。使う前に一度水で洗い、きれいにしておきましょう。特に血合いをしっかり洗っておくと、イワシの臭み取りになります。

2

梅は種を取り除き、身の部分を包丁で軽くたたきます。しょうがは薄く刻み、大葉は水で洗って茎部分をカットし、千切りにしておきます。

3

フライパンもしくは鍋に【煮汁】の調味料を加えて火にかけます。煮立ったら、イワシと梅干し、しょうがを入れて煮ます。火を弱めて落とし蓋をし、20分程度煮込みましょう。煮ている途中で何度か煮汁を上からかけるようにします。

4

20分ほど煮込んだら、火を止めて落し蓋を外します。イワシと梅をお皿に盛り付け、千切りにした大葉を乗せれば完成です!(写真では一つのお皿に2尾盛り付けていますが、基本的には1人分1尾で十分だと思いますよ!)

スポンサーリンク

 

 

イワシの梅煮 ポイント

 

今回は、スーパーにてイワシが5尾で安くなっていたので5人分で作りましたが、4尾・4人分でも同じ煮汁のレシピで作れますよ。

 

使う梅干しの量は、梅干しの大きさに合わせて調整してください。小さめであれば4個、大きめであれば2個で足ります。また減塩タイプの梅干しを使う場合は、梅干しの数を調整したり、煮汁で加える醤油の量を加減して濃さを調整してくださいね。

 

出来立てすぐを食べても美味しいですが、時間があれば一度冷まし、温めなおしてからお召し上がりください。冷ます過程でイワシに味がよく染み込み、一層美味しく仕上がります。

 

少し甘めの煮汁がお好きな方は、お砂糖を追加して煮てくださいね。

 

イワシの梅煮は保存にも向いていて、季節や保存方法にもよりますが、冷蔵庫で3日程度なら保存しておくことができます。なので忙しい時のための作り置きレシピとしてもおすすめですよ!身近な食材で簡単に作れますので、気になった方はぜひお試しくださいね♪

 

今回のレシピは、こちらのレシピ http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00003036/index.html を参考にさせて頂きました!

 

関連記事

ダイエットレシピ!びっくりするほどしっとり柔らか!!鶏むね肉のネギ塩レモン

 

血糖値が気になる方必見!!

私も飲んでるコーヒーです。食後のコーヒーをこれに替えるだけで血糖値対策が出来るんです!、

コンビニコーヒーより安いし、何よりも美味しいのが嬉しいのでおススメです!!

  応援してもらえると凄く嬉しいです!!よろしくお願いします。

スポンサーリンク